韓国のカメラ事情

こんばんは、相原です。

明日から韓国に行ってきます。

今日は日本で過ごす最後の晩です。

土曜日には帰ってきますが 笑

韓国に行くのは大学の用事なのですが、
ついでなので韓国のカメラ事情についても、
調査してこようと思います。

実際、中野のフジヤカメラには、
韓国人のバイヤーがかなりいますし、
日本と韓国の両方に店を持っている、
カメラ屋もいくつもあります。

と言うことは、
日本からカメラを韓国に輸出すれば儲かるし、
その逆で韓国から輸入しても儲かるのです。

これって凄いことだと思いませんか?

もちろん韓国だけに限らず、
世界中どこに持って行っても、
どこから持ってきてもカメラは儲かります。

こんな素晴らしい商材は他に無いでしょう。

有益な情報を掴めたら、
あなたにもシェアします
楽しみにしていてください!

では!


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士

2012年ネットビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラ転売を始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、
収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、
独自のノウハウを確立した。

2015年には法人の年商1億1000万円を達成する。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロから
ビジネスをスタートさせる方のサポートサービスを提供し、
100名以上の会員を持つ組織を結成している。

相原良太 公式メールマガジンはこちら


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP