就職せずに年商2億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

レンズのチェックの仕方

"今日はレンズのチェックの仕方についてです。



レンズのチェックも簡単です。

中を覗いて、向こうが見えればOKです 笑

いや、本当にそんなもんなんですよね。



もう少し、細かくお話しますと、

レンズの内部に発生する汚れの原因って、

カビ、くもり、傷、チリ、ホコリ、バルサム切れなど色々あります。



撮影に影響する度合いとしては、

くもり>バルサム切れ>カビ>傷>ホコリ>チリ



こんな感じです。



しかし、チリとかホコリは、

どんなレンズにも、

多かれ少なかれ必ず混入します。



ですので、チリは入っていて

当たり前と思ってください。



次にカビです。

日本人はレンズのカビを非常に嫌います。

レンズにカビが生えたら、一生の終わりだと、

言わんばかりにクレームをいう人も居ます。



しかし、外人はカビに関しては、

比較的寛容です。



実際に、一面にビッシリとカビが

生えている状態はダメですが、

点カビだったら、撮影に影響は

ほとんどしません。

なので、カビが生えたレンズでも、

輸出では普通に売れます。

(もちろん商品説明には記入します)



次回は、レンズのバルサム切れと、

くもりについて説明しますね。"


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士

2012年ネットビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラ転売を始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、
収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、
独自のノウハウを確立した。

2015年には法人の年商1億1000万円を達成する。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロから
ビジネスをスタートさせる方のサポートサービスを提供し、
100名以上の会員を持つ組織を結成している。

相原良太 公式メールマガジンはこちら

中古カメラを扱う時のチェック事項

レンズのバルサム切れとは?


カテゴリー

PAGE TOP