EMSでリチウムイオン電池を発送する時

デジカメをEMSで発送するときは、
電池はかならずボディ内部に取り付けた状態で
送らないといけません。

→ 国際郵便によるリチウム電池の郵送条件

そして、発送できる郵便局が限られてます。

2013年1月現在で、全国の119の郵便局で、
差し出しが可能となっています。

このリチウム電池の発送が可能な
郵便局は、徐々に増えて来ていて、
リストに載っていない郵便局でも、
発送が可能になっている可能性があります。

ですので、お近くの郵便局から、
リチウムイオン電池の発送が可能になっているかは、
確認したみた方が良いでしょう。

ちなみに、送り先についても、
注意が必要です。
リチウムイオン電池の輸入を制限している国も、
いくつか有りますので、気をつけてください!


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士

2012年ネットビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラ転売を始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、
収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、
独自のノウハウを確立した。

2015年には法人の年商1億1000万円を達成する。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロから
ビジネスをスタートさせる方のサポートサービスを提供し、
100名以上の会員を持つ組織を結成している。

相原良太 公式メールマガジンはこちら


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP