カメラ転売で稼ぐための5ステップ

カメラ転売とは?

中古カメラを国内もしくは海外から仕入れてきて、
ヤフーオークション・eBay・Amazonで転売し、
稼いだ利益を、再び中古カメラに再投資して、
雪だるま式に資金を増やしていくビジネススキームです。

少額の資金からスタート出来るので、
ビジネスが始めての方にもお勧めできます。

知識ゼロ・経験ゼロでも初月から利益を稼げます!

カメラに関する知識や、ヤフオクでの転売経験がまったくない人でも、
初月からいきなり稼ぐことが出来ます。

実際に、私は転売ビジネス未経験の状態から、
初月から利益を出すことが出来ました。

はじめから稼ぐことが出来るビジネスというのは、
他には中々無いものですよね。

例えばアフィリエイト等の場合は、
収益を得ることが出来る状態になるまでに、
最低でも数ヶ月はかかります。

たった3ヶ月間で月収100万円を突破できるビジネスです!

私達のカメラ転売のノウハウを実践した結果、
月収100万円を突破する人が続出しています。

私自身も、カメラ転売を始めて、
3ヶ月で月収115万円を達成しました。

その他にも、20 代から50 代までの幅広い年齢層の方たちが、
たった3 ヶ月間という短期間でも、しっかりと利益を出されています。

しかも、一度稼げるようになってしまえば、
後はそれを繰り返し実践しさえすれば、
継続的に安定して稼ぎ続けられるようになります。
まさに、自分がビジネスオーナーとして、
自分だけのビジネスを築き上げることができます。

たったひとりで、年商1億円を突破できるビジネスです!

私の会社の昨年の年商は1億1000円です。
もちろんメインの事業はカメラ転売です。

他にも中古カメラ販売をビジネスとして、
たったひとりで年商1億円を
売り上げている方たちもいらっしゃいます。

単なるお小遣い稼ぎではなく、
まさに自分のビジネスとして、カメラ転売に取り組むことで、
億単位のビジネスを築き上げることができるのです。

外注化やスタッフを雇えば、自分が働くことなく、
自動で稼ぎ続けることも可能ですし、私自身も実際にそうして稼いでいます。

私が一日にカメラ転売にかける時間は、
平均して1時間以下です。

このような可能性に満ちているのが、カメラ転売ビジネスですので、
ぜひひとつずつ着実に実践していってもらいたいと思います。

なぜ中古カメラ転売はこんなにも稼げるのか?

中古カメラ転売が稼げるビジネスであることはお話しましたが、
いったいなぜ中古カメラは稼げるのかを少しお話しておきたいと思います。

まず、中古カメラ転売が稼げる秘密は、
中古カメラカテゴリーの独特な市場性に秘密があります。

代表的な中古カメラカテゴリーの特徴については、以下の通りです。

・すでに生産中止になっている中古品を取り扱う
・発売当時、高価だった人気のカメラやレンズが中古なら手ごろな値段で買える
・流通量が減ってくると、逆に値上がりしてくる
・コンディションや付属品によって価格が大きく異なる
・地方と都市でも価格差が大きい(一般的には、地方のほうが価格が高い傾向にある)
・国内だけでなく、海外からも仕入れることが可能
・基本的にはコピー商品もなく、安心して取引できる
・人気機種が決まっていて、商品リサーチはほとんど必要ない
・同一商品であっても、コンディションによって価格が大きく異なる場合がある
・お金に糸目をつけないマニア層や富裕層が多い
・オールドカメラやレンズほど価値が高く、プレミアム価格がつきやすい
・入手困難なマニア商品が存在する
・人気機種は、販売サイクルが非常に早く、最短2 日で売れてしまう
・商品自体が小さいので、在庫管理がしやすく、在宅ビジネスに向いている
・世界中にカメラ愛好家がいる

ざっと思いつくままに記載しただけでも、
これだけの特徴が中古カメラカテゴリーにはあります。

これらの特徴は、言い換えるとビジネスチャンスとも
捉えることができるもので、中古カメラ特有の市場性を理解し、
顧客心理をついたタイトルや商品説明文を書くだけで、
大きな値上がりが見込めます。

このように、中古カメラカテゴリー特有の市場性は、
非常に大切な部分ですので、ぜひ一番最初に自分たちが
いったいどういう商品を取り扱っているのかを
大きな枠組みで理解していただきたいと思います。

他のネット転売ビジネスとの決定的な違い

現在、非常に数多くのネット転売ビジネスがありますが、
従来のネット転売ビジネスとは根本的に異なる部分がたくさんあり、
それがカメラ転売ビジネスの優位性になっています。

中古品を取り扱っている

従来のネット転売ビジネスは、
基本的には新品商品を取り扱っています。

その多くは、国内の家電量販店などで、
セールになっている品物を仕入れてきて、
Amazonなどで販売するものや、
国内と海外の価格差を利用して、
海外のネットショップやebayなどから新品商品を輸入して、
それをヤフオクやAmazon などで転売するというものです。

もちろん新品商品を取り扱う利点もたくさんあるのですが、
致命的なデメリットはせっかく稼げる商品を見つけても、
他の競合に真似されて、すぐに価格競争に陥ってしまうことも多いです。

その点、中古品カテゴリーというのは、
そもそもの流通量が少なく、コンディションの違いによって
商品価値が異なるため、厳密に言うと競合するという発想自体が成り立ちません。

同じ商品であっても、コンディションや付属品などの有無により、
価値が変わってきますので、価格競争に陥りにくく、流通量も限られますので、
安定した価格相場が形成されるのが、中古品カテゴリーの特徴と言えるでしょう。

儲かる商品が決まっている

中古カメラカテゴリーは、儲かる商品が完全に決まっています。
何が儲かる商品かというと、答えは簡単で、
「人気のある機種が儲かる商品である」
と言えます。

多くのカメラ愛好家から人気を集めるカメラやレンズというものは、
非常に高値で取引されますし、コンディションの良し悪しにより、
その価格差も非常に大きくなります。

年代が古いものになればなるほど、コンディションの良いものを探し出すのも大変なので、
そうしたカメラやレンズを安く仕入れられれば、非常に大きな利益が見込めます。

何度でも儲かる商品で稼ぐことができる

そして、儲かる商品というものは、ずっと儲かり続けるというのが、
中古カメラをビジネスとして取り扱うべき商品カテゴリーだと言える最大の要因です。

物販ビジネスにおいて、すぐに市場が飽和して、
儲からなくなってしまうような商品では、
安定したビジネスは構築できませんし、稼ぎ続けることもできません!
その一方で、市場が飽和していないカテゴリーというものもほとんど存在しません。

では、どんな商品カテゴリーがビジネスに向いているかというと、
市場が飽和しているからこそ、安定した相場を形成し、
その相場の中でもきちんと適正利益が見込めるカテゴリーこそ、個人で参入したい商品カテゴリーなのです!

中古カメラカテゴリーは中古品であることから、
コンディションにより価格が異なってきますので、
同一商品であっても、直接競合することは少なく、あまり価格競争も生まれません。

そして、人気商品はずっと根強い人気がありますので、
何度取り扱っても儲かり続けるのです。

また、同じ商品をずっと販売していても儲かり続けるので、
新しい商品を絶えず検索して、儲かる商品を探し続けるという
従来のネット転売ビジネスにありがちなリサーチ地獄もありませんので、
その点も中古カメラ転売のメリットと言えるでしょう。
④競

競合が増えても、儲かり続ける

もちろん、商品によっては価格相場の変動もありますが、
販売相場が下落しても、それに連動して仕入れ相場が値下がりしますので、
ほぼ同じ値幅で稼ぎ続けることができています。

また、ある一定レベルまで相場が下がっていくと、
仕入れと販売の値幅がなくなってきますので、今度は出品量が減少してきます。

そうすると、需要に対して供給が足りていない状況になり、
また相場は値上がりしていきます。また、市場参入者が増えれば増えるほど、
ヤフオクにたくさんの人気のあり価格が安い商品が流入しますので、
多くのカメラ愛好家がヤフオクで商品を購入するようになります。

そうすると、結果的には市場規模が拡大し、
さらに儲かるチャンスが増えているというのが現状です。

中古カメラ全体の総在庫というのは、
すでに生産中止になっていることから限りがあるものですので、
それが一般のお客様の手元にあるのか、
中古カメラ店やヤフオクなどで売られているのかの違いなだけです。

お客様にとっては、たくさんある中から一番良い商品を一番安く買いたいわけですから、
ヤフオクで中古カメラを販売する人が多くなればなるほど、
ヤフオクで商品を買おうと思うお客様の数も相対的に増えていくでしょう。

ということは、今後も市場参入者が増えれば増えるほど、
ヤフオクの中古カメラカテゴリーの認知は高まり、
さらに稼げるチャンスが増大していくと考えられます。

競合が増えると稼げなくなるというのは、
稼げていない人の単なる言い訳ですので、
もっと大きな視点に立って、市場全体を俯瞰してみることが大切です。


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士

2012年ネットビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラ転売を始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、
収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、
独自のノウハウを確立した。

2015年には法人の年商1億1000万円を達成する。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロから
ビジネスをスタートさせる方のサポートサービスを提供し、
100名以上の会員を持つ組織を結成している。

相原良太 公式メールマガジンはこちら


PAGE TOP