外観が汚いカメラってカメラ転売に向いている?

私たちは、インターネット上で
カメラを販売するわけですが、
一つ一つコンデイションが違う中古品において、
お客さんは何をもって購入の
判断基準にするのでしょうか?

カメラの外観は綺麗な方が当然良い

お店の信用や評価、
動作状況などもありますが、
購入するかどうかの判断基準の一つに、
外観が綺麗かどうかというのがあります。

当然ながら、外観は汚いよりは、
綺麗であったほうが圧倒的に良いです。

綺麗な商品の方が気持ち良く使えますし、
外観が綺麗だということは、
これまでにあまり使用されていないものである、
可能性が高いので、故障のリスクも少ないと考えられます。

ごく稀に、使用感があったほうが、
味が出るという商品もありますが、
一般的には、綺麗であるほうが圧倒的に良いです。

もし故障していたとしても、
外観が綺麗なのであれば、
お客様が購入後に修理にだしたり、
また修理して販売するという選択肢もあります。

他の記事でも述べている通り、
私たちのノウハウの一つに、
商品写真を綺麗に撮影するというのがありますが、
写真を綺麗に撮るということは、
言い換えれば、汚い商品も鮮明に映るわけです。

そうすると、どうしてもお客様の
心理としては、購入をためらってしまう
可能性があるわけですね。

なのでとにかく外観は綺麗なものを
扱ったほうが良いです。

ただし、外観が汚くても、
相場よりも大幅に安ければ、
仕入れてしまっても良いでしょう。

ただ、同じコンディションなのであれば、
外観が綺麗なものを仕入れするようにしましょう。

相場を無視して高値で売れる

カメラ転売においては、
特に生産が昔に完了していて、
新品ではもう手に入らない商品の場合、
外観が凄く綺麗な商品は、
相場を無視した高値で売ることができます。

それも、相場の2倍や3倍で売れることも
決して珍しくはありません。

それだけ程度の良い商品が少ないので、
お金には糸目もつけずに
買ってくれるコレクターがいるからです。

どの趣味にも、マニアと呼ばれる人はいます。
カメラの場合も例外ではなく、
どんなに高いお金を払ってでも、
程度の良い商品を探している人はたくさん居ます。

なので、少し古い商品で、
程度がものすごく良いものがあったら、
仕入れてみても良いでしょう。

ただし、程度が良いからと言っても、
何でも高値で売れるとは限りません。

あくまでも、マニアのニーズがあって、
製造終了からある程度経っている商品に限ります。

この辺りは、見極めが難しいので、
カメラ転売においても、ある程度
上級者向けテクニックであると言えます。


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士

2012年ネットビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラ転売を始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、
収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、
独自のノウハウを確立した。

2015年には法人の年商1億1000万円を達成する。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロから
ビジネスをスタートさせる方のサポートサービスを提供し、
100名以上の会員を持つ組織を結成している。

相原良太 公式メールマガジンはこちら


PAGE TOP