%e8%b5%b7%e6%a5%ad_%e8%b3%87%e9%87%91%e8%aa%bf%e9%81%94

カメラ転売に必要な資金量は?

カメラ転売ビジネスは、原則的に有在庫ビジネスになります。

有在庫というと、どうしても在庫リスクなどを、
気にされる方もいると思います。

しかし、カメラ転売では在庫処分も容易ですし、
大赤字になる可能性もとても低いです。

なので、在庫リスクに関しては、
有在庫ビジネスの中ではかなり低いと言えるでしょう。

そうなってくると、今度は必要になる資金量が、
気になってくると思います。

実際、カメラ転売で必要になる、
資金量はどのくらいなのでしょうか?

極端に言えば1000円でも出来る

かなり極端な事を言いますと、
資金1000円からでもカメラ転売は始められます。

実際に、1000円の商品を仕入れて、
倍の値段の2000円で販売することは、
商品を選べば難しく有りません。

そして手に入れた2000円で、
また仕入れをして、倍にしていく。
この様なやり方も出来ます。

ただ、さすがに1000円だと、
大きく稼げるようになるまでには、
かなり時間が必要です。

現実的な所で言うと、
数万円は欲しいところです。

実際、私の場合は、最初に仕入れに使った資金は、
4万円くらいでした。

4万円で2万円のカメラを2点仕入れて、
合計5万円ほどで販売しました。
利益で言うと1万円ですね。

そしてこの増えた5万円を元手にして、
さらに仕入れをしていく。
こうやって資金を増やしていきました。

月収100万円稼ぐための資金量は?

月収100万円稼ぐとなると、
資金ももう少し必要になってきます。

100万円の利益を出すのには、
低くても300万円の売上は必要です。

資金回転は1ヶ月で2回転から、
頑張って3回転くらいできるので、
仕入れに必要な金額は、100万円となります。

いかがでしょうか。
100万円の資金となると、
ちょっとハードルが高くなると思います。

しかし、わたしの場合はクレジットカードを、
うまく利用して、100万円の資金を作りました。

もちろん、最初からいきなり、
クレジットカードで多額の仕入れをするのは、
オススメしません。

まず最初は少額で実践を初めて、
徐々に仕入れ資金を増やしていけばよいかと思います。


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士

2012年ネットビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラ転売を始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、
収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、
独自のノウハウを確立した。

2015年には法人の年商1億1000万円を達成する。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロから
ビジネスをスタートさせる方のサポートサービスを提供し、
100名以上の会員を持つ組織を結成している。

相原良太 公式メールマガジンはこちら


PAGE TOP