64-3

ベトナムへの物販は挑戦する価値があるか?

昨晩、大学院時代に同じ研究室に、
留学していたベトナムの留学生が、
来日していたので、一緒に食事に行ってました。

彼も私と同じ博士号を取得して、
ベトナムの大学で講師をしているようです。

しかし、彼は日本に5年も居たのに、
まったくと言っていいほど日本語を覚えませんでした 笑
ですので、会話は専ら英語になりますが、
なんとかコミュニケーションは取れたので、
僕の英語力もそこまで落ちていないようです。

「最近ビジネスはどうなんだ?」
と聞かれたので、

「最近はカメラ以外の商品もいろんな国に販売しているよ」
と答えました。

すると、
「ベトナムに来たら、
現地でビジネスをしている人を紹介する」
と言ってくれたので、

「ありがとう、来年ベトナムに行くよ」
と半分社交辞令で伝えました。

この会話を聞いて、
あなたはどう考えたでしょうか?

「相原さん凄いですね!遂にベトナム進出で大儲けですね!」
と感じるか、
「どうせお前のビジネスがベトナムで上手く行くわけなんかねーよ!」
と感じたか、どちらでしょうか。

悔しいですが、現状では後者だと思います。

もちろん、私も起業家である以上、
ビジネスの可能性を否定するのは、
良くないことではあります。

しかし、現実的にベトナム進出には、
滅茶苦茶ハードルが高いです。

日本からベトナムに商品を輸出することを考えると、
まず、現状ではベトナム人は、
ネットで物を買わないということです。

彼らはクレジットカードをオンラインで使うことは、
ほぼ無く、インターネットで物を買うのは
詐欺に遭うリスクが高いと考えています。

という事は、私達の得意なネット物販の
仕組みはほぼ使えないということになります。

それでは、店舗販売はどうかと言うと、
これには莫大な資金と労力が必要ですし、
現地の商社に商品を卸す事も考えられなくは無いですが、
これも資金面や言語の違い、そして会社規模の違いから、
かなり難儀であると言えるでしょう。

このように、ベトナムへの輸出は
かなりハードルが高いです。

そもそも、物販で年商10億円くらいまでは、
わざわざ無茶して新興国に乗り込まなくても、
達成できると思うので、
その以上の規模感になって始めて検討するレベルですね。

個人商社レベルでやるのであれば、
まだベトナムから輸入してくるほうが、
可能性は有りますね。

いずれにしても、せっかくのオファーなので、
来年遊びを兼ねて視察に行ってみますが、
即ビジネスに繋がるかと言うと、なかなか難しいですね。。

結構、すぐに新しい事に挑戦したくなる人が多いですが、
既存のビジネスでやれることを、突き詰めた方が、
結果的に収益は伸びますからね。


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士

2012年ネットビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラ転売を始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、
収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、
独自のノウハウを確立した。

2015年には法人の年商1億1000万円を達成する。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロから
ビジネスをスタートさせる方のサポートサービスを提供し、
100名以上の会員を持つ組織を結成している。

相原良太 公式メールマガジンはこちら


PAGE TOP