就職せずに年商2億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

カメラ転売で稼げるようになって変わったこと

"先日のことですが、
自宅から新宿に行く用事がありました。

その日に出かける直前、
私はメルマガを書いていました。

思っていたよりも時間をかけてしまい、
その結果、家を出たのが用事の30分前とかに
なってしまいました。

自宅の日本橋から西新宿までは、
電車だと25分くらいかかります。

移動時間が一番早いのは、
首都高使って車で移動することです。

つまり、最速なのは、
自分の車で飛ばしまくって行くことなのですが、
駐車場から車を出すのに3分はかかりますし、
さらに新宿で駐車場探すのに
時間がかかるリスクがあります。

となると、次善策としてタクシーという
選択肢が生まれてくるわけですね。

ちなみにタクシーで首都高つかって新宿まで行くと、
昼間でもだいたい4000円くらいかかります。

4000円って結構な金額じゃないですか?

想像してみて下さい。
4000円あったら、築地に行けば美味しいお寿司を
お腹いっぱい食べられます。

あなたがもし自炊するなら、
スーパーで4000円も使えば、
2週間分の食材を、余裕で買えてしまう金額です。

そう考えると、日本橋から新宿までの移動に
4000円も使うのは勿体無いと
普通は考えてしまいます。

そうですね、ビジネスを始める前だった、
5年前の私なら有り得ないです。

でも、今なら4000円で時間に間に合うなら、
まぁいいかと、3秒で決断することが出来ます。

4000円なんて1時間もあれば、
余裕で稼ぐことが出来ますからね。

お金があれば全て解決ってわけではないですが、
お金で解決できる問題も世の中には多く有るわけです。

今回の場合は、お金で解決出来る問題なうえ、
お金で解決したところで、
誰かに僻まれたりする事も無いことです。

お金でサクッと解決してしまえる選択肢を、
自分が身につけることが出来て、
本当に良かったと思っています。"


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士
在学中はAIの基礎的アルゴリズムをシステム最適化に応用する研究に従事。

2012年インターネットを使ったビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラをメインに物販ビジネスを始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、独自のノウハウを確立した。
ほぼ一人社長で経営する法人の年商は3億円を誇る。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロからビジネスをスタートさせる方の
サポートサービスを提供し、述べ1000名以上の会員を持つ組織を結成している。

MacBookにして最も後悔したこと

eBayでクレームが来ても返品の送料を払わない方法


カテゴリー

PAGE TOP