l_e_company_370

eBayでクレームが来ても返品の送料を払わない方法

eBayで返品申請が来ることって、
どうしても、たまに起きてしまいます。

eBayで販売をしている方なら、
よーくわかると思います。

eBayやってないよ!って人でも、
全ての物販で「返品」は少なからず起きるので、
このメールは必ず目を通しておいて下さい。

話を戻しますと、
eBayではバイヤー(購入者)保護が手厚いので、
バイヤーからクレームを上げられてしまったら、
必ずキチンと対応しないといけません。

ちなみに、クレーム怖い!対応めんどくさい!と、
放っておくと、かなり大変なことになります。

具体的に言いますと、アカウントの評価が悪くなり、
クレーム無視を繰り返していると、アカウントが停止になります。
これは、Amazonでも同じ事が言えます。
ちなみに、ヤフオクはそこまで厳しくなかったりします。

そして、クレームが来た場合は、
だいたいの場合は返品になることが多いです。

そして、返品にかかる送料は、
通常はセラーが往復分負担しないといけません。

そうなると、海外へ送った送料ですので、
往復負担するとかなりの費用がかかってしまいます。

ここの部分ですが、
おそらくどこの輸出のスクールでも、コンサルでも
「返品になってしまったものは仕方ないので、
他の商品の利益で穴埋めしましょう」
と教わることでしょう。

ちなみに、私の運営しているスクールでも、
講師陣はそうやって教えています。

しかし、こと私自身の物販においては違います。
はい、私はバイヤーの言いなりになりません!

どういうことかというと、
死ぬほど細かい点を指摘してきて、
バイヤー自身が気に入らないから
返品だって言ってくる人とかも居ます。

もしくは、バイヤーが気が変わって要らなくなったから、
セラーが不具合隠していた事にして、
返品しようとしてくる人も居るわけです。

そういう人たちまで、真面目に相手していたら、
商売上がったりですよね。

そこで、私の場合はバイヤーが何を考えているか、
考えた上で対応方法を決めます。

もちろん、こちら側に100%の非があるのであれば、
ごめんなさいとなりますが、
バイヤー側にも多少の落ち度があるのであれば、
それをネタに交渉していきます。

その結果、殆どの場合で往復の送料を丸々負担することは、
避けられたりします。

もちろん、英語力がそれなりに必要ですし、
対応に時間が取られることもあります。

それでも、往復の送料を泣寝入りするよりは、
いいかなと思います。

最終的に悪い評価を入れられるのではないか?と
危惧する人も居ますが、意外と大丈夫です。

悪い評価を入れてくる人は、
弱腰で対応していても入れてくるので、
それなら、多少攻めて行ったほうが良いかなというのが、
自分の考え方です。

ビジネスって基本的に攻めだと思うんですよね。
守りも大事ですが、攻めなければ収益は生まれません。

そう考えると、守り一辺倒なのは、
よろしくないかなと思います。

実際、物販で収益が伸び悩んでいる人って、
守りにばかりフォーカスしている人が多いです。

こう言ってしまっては、元も子もないかもしれませんが、
攻めが出来ない人は、会社員やっていたほうが幸せかもしれませんね。


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士

2012年ネットビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラ転売を始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、
収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、
独自のノウハウを確立した。

2015年には法人の年商1億1000万円を達成する。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロから
ビジネスをスタートさせる方のサポートサービスを提供し、
100名以上の会員を持つ組織を結成している。

相原良太 公式メールマガジンはこちら


PAGE TOP