1234564

ビジネスで成功するために欠かせないこと

こんばんは、
徹夜で仕事していた相原です。

「徹夜で仕事」って聞いたら、
どんなイメージを抱きますか?

元々夜勤の人は別にして、
昼間働いている人が、
徹夜で仕事って言ったら、
残業で死にそうになっている姿が、
真っ先に思い浮かぶんじゃないかなと思います。

ブラック企業問題なんかも
少し前に話題になりましたからね。

しかし、今わたしが仕事として取り組んでいるのは、
システム開発&仕組み作りなので、
仕事が超楽しいんですよ。

腰痛さえなければ、
24時間ずっとPCに向かっていられる
レベルです。

昨晩も、日付変わるまでずっと作業していて、
「あぁ、あともう少し作り込みたいな」
なんて思いながら、ずーっと作業していたら、
気がついたら外が明るくなってました 笑
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10209071389327275

実は、私は去年あたりまで、
仕事は嫌々やるものという認識が、
少なからず有って、
「あぁ、作業ダルいな・・・」
と思いながらいつも仕事していました。

なので、作業に身も入らず、
なーんか中途半端な感じでした。

まぁでもそれなりに稼げてるから、
いいかなぁー。なんてぬるぬると
ぬるま湯で過ごしていたんですよね。

なので、仕事が好きになってきたのって、
本当にここ数ヶ月の出来事なんです。

なんでこうなったのかというと、
うまく説明出来なかったりするのですが、
新しい仕組みを作って、
そこから狙いどおりに収益が上がることに、
快感を感じるようになったからでしょうかね?

なんだかんだネットビジネス業界で、
継続的に稼ぎ続けている人って、
仕事が大好きなんですよね。

いやいや仕事している人って、
絶対に続かないじゃないですか。

そういう人って、
下手したらサラリーマン一本の方が、
幸せなのかもしれないですよ。

とは言え、ビジネスを楽しむ事が出来るってのは、
なかなか難しいことでもあると言えるので、
僕もようやくぬるいステージを抜け出して、
駆け上がれるようになったのかなって思います。


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士

2012年ネットビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラ転売を始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、
収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、
独自のノウハウを確立した。

2015年には法人の年商1億1000万円を達成する。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロから
ビジネスをスタートさせる方のサポートサービスを提供し、
100名以上の会員を持つ組織を結成している。

相原良太 公式メールマガジンはこちら


PAGE TOP