14821320891809667712-1

中古カメラを業者オークションで227万円仕入れしました

こんにちは、相原です。

先週のことですが、
業者オークションで1日で227万円ほど
仕入れをしてきました。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10209100963586613

業者オークションって、
いわゆり競り形式で値段が決まります。
ヤフオクのリアル版みたいなものですね。
もちろんこっちが元祖ですが。

リアルでのオークションなので、
競っている相手がわかるわけなんです。

なので、ちょっとしたテクニックというか、
ジャイアニズム(?)を発揮させていただきました。

それは…
自分が入札した商品で、
かつ相手がそれなりに競ってきたら、
多少割に合わなくても競り落とすという
やり方です。

当然、競り合った商品の中には、
明らかに相場より高いものもありましたが、
オークションの序盤で、
鬼のように競り落とすことで、
「この人と競り合ったら勝てない」
というプレッシャーを
他の入札者に与えることが出来ました。

そうすると、自分が最初に入札すると、
他の人が身を引くようになるんですね。

なので中盤以降はかなり美味しい値段で、
商品を落札することができました。
まさに、損して得を取るわけですね。

このあたりの考え方って、
ネット仕入れだけだと、
あんまり身につかないんですよね。

普通に店舗で仕入れる時でも、
お店の人に、「これ持っていってよ!」って
あんまり美味しくない商品を提案されることが、
結構多いのですが、ここでとりあえず仕入れておけば、
後で美味し商品を出してくれたりします。

ある程度の仕入額が大きくならないと、
難しいかもしれませんが、
カメラ転売ならゼロからスタートで、
2ヶ月目には1日で100万とか
仕入れたりすることもありますからね。

商売人としての成長は、
無在庫でチマチマやってるよりも、
圧倒的に早いです。

そしてカメラ転売で成功した人は、
他の物販を実践しても、
すぐに結果を出します。

物販のいろはが、身についているので、
超簡単なんですよね。

実際、私も去年Amazon輸入で、
ゼロからスタートで2週間ほどで、
100万円の売上たてましたし。

というわけで、物販ビジネスを
スキルとして身につけたければ、
カメラ転売から始めるのは良いことだと思います。

一生食うのに困らなくなりますからね。

追伸:
商売人として一番ダメなのは、
カメラ転売を齧っておきながら、大した実績も出さずに、
フラフラと他の物販に行く人ですね。

そういう例を何人も見てきましたが、
一人として成功した人は居ません。


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士

2012年ネットビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラ転売を始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、
収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、
独自のノウハウを確立した。

2015年には法人の年商1億1000万円を達成する。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロから
ビジネスをスタートさせる方のサポートサービスを提供し、
100名以上の会員を持つ組織を結成している。

相原良太 公式メールマガジンはこちら


PAGE TOP