241947089-1424166617_l

外注さんは消えるものだと思ってください

ビジネスがある程度軌道に乗ってくると、
『外注』さんに仕事をふったりしますよね。

弊社でも、外注さんは何人か抱えていて、
普段は対面で会うこともなく、
仕事をしてもらっています。

これらの外注の方たちは、
定期的に発生する業務をお願いしているので、
末永くお付き合いして頂いております。

外注化で悩んでいる方の多くは、
「外注さんがすぐに辞めてしまう」とか
「いつの間にか連絡が取れなくなってしまった」とか、
いわゆる『トンでしまう』ことに悩まれているのが、
大半なのではないでしょうか。

外注さんの教育にもそれなりに、
時間と労力がかかるので、
すぐに飛ばれてしまっては、
何のために外注化しているのか
わからなくなってしまいますね。

というわけで、弊社では本当に信用できる人にしか、
在宅の外注は頼まない方針で、日常の作業なんかは
直接事務所に来てもらって作業をしています。

まぁ、直接雇用しても飛ばれる事は無くはないですし、
そもそも仕事が出来なさすぎてクビにすることもありますが、
ここ1年位は割りと安定しているので、
私自身も助かってはいます。

日常的に発生する作業については、
そんな感じで信頼できる人に、
お願いすることができます。

これが単発の仕事になってくると、
なかなか難しいのですよね。
特に、単発の仕事のなかでも、
特殊なスキルが要求されるやつです。

例えばランディングページのデザインですとか、
ツールの制作とかですね。

デザインの場合は、
センスとスキルが要求されますし、
ツール制作を受注する側にも
プログラミングのスキルが必須です。

これらのセンスとかスキルって、
文章だけでは推し量る事が出来ないので、
実際に仕事を頼んでみて、
出来上がりを見てみないと評価出来ないです。

過去の製作の実績とかで、
ある程度わかるかもしれないですが、
じゃあ自分が要求するものを
ちゃんと形にしてくれるかと言うと、
それはまた別だったりします。

で、冒頭のトバれた話になるわけですが、
いま、ランディングページを何個か作っているのですが、
ヘッダーのデザインを外注の人にお願いしました。

ヘッダーっていうのは、例えば去年作った私のLPでいう、
「カメラ転売ビジネス講座公式メールマガジン」
–カメラ転売を始めるためのノウハウをお伝えします–

http://ejt-mailmagazine.com/ca/

ちょっとLPの内容が変わってきたので、
新しく作り変えているのですが、
ヘッダーから下の部分は、私自身で作れるので、
画像だけ外注さんにお願いしました。

3パターンくらい原稿を用意し、
ちょうど先々週の終わりに製作を依頼し、
快く引き受けて頂きました。

納期も1週間かからないとのことで、
本来なら先週の金曜日に出来上がるはずでした。

週末は出来上がったデザインをもとに、
LPが完成するぜ!と意気込んでいたのですが、
待てど暮らせど連絡が来ない…

今日になってどうしたのかな?と
連絡を取ってみると、
「自分の結婚式が有ったので、作業ができなかった。
今週はハネムーンなので納品は来週になります」
との返事が…

おいおいおいおいおい、
そんなんなら、仕事受けるなよ!
と思いましたが、怒る気力も起きず、
「お気をつけて。依頼は取り下げます。」
とだけ送っておきました。

お金はまだ払ってなかったので、
金銭的損害は無かったのですが、
仕事に対して認識が甘すぎるんじゃないかなと思います。

そのデザインあてにして、
今週の自分の作業スケジュール作っていたのに、
全てが狂ってしまいました。

仕方ないので、今日自分でPhotoshopで
1パターンだけ作りましたが、
ヘッダー画像くらいなら、
自分で作った方が早いことに気が付きました…

私の場合、デザインやプログラミングの外注は、
ハズレに当たる率がすごく高くて、
『自分でやった方が早いわ!!!』
となってツール製作も自分でやっています。

自分のスキルがモリモリ上がっていくので、
これはこれで有りか?なんて考えつつある今日このごろです。

起業家たるものスキルつけてなんぼなんですかね!


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士

2012年ネットビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラ転売を始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、
収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、
独自のノウハウを確立した。

2015年には法人の年商1億1000万円を達成する。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロから
ビジネスをスタートさせる方のサポートサービスを提供し、
100名以上の会員を持つ組織を結成している。

相原良太 公式メールマガジンはこちら


PAGE TOP