ネットビジネスと言ったらカメラ転売よりもアフィリエイトじゃないんですか?

このブログでは、ネットビジネスをこれから始めようとする方には、
カメラ転売という物販ビジネスをお勧めしています。

カメラ転売というのは、カメラという「物」を、
販売して収益を得るわけです。
いわゆる「物販」ビジネスになります。

ネットビジネスと言って、あなたは、
何を想像するでしょうか?

おそらくは、一番有名なのは、
アフィリエイトですよね。

アフィリエイトというのは、
いわゆる紹介ビジネスの一種ですので、
あなたが、他の人の商品をお客さんに紹介して、
その売上から手数料を頂く仕組みになっています。

つまり、ざっくり言ってしまうと、
会社で言う「営業」のポジションになります。

「営業」というと、あなたはどのようなイメージを持つでしょうか?
・つらい
・しんどい
・ノルマ
・門前払い
など、ネガティブなイメージがあるのではないでしょうか。

一方で、お客さんにバンバン商品を売れる、
優秀な営業の人であれば、それに従って売上も上がるので、
会社から報酬を貰うことが出来たりしますよね。

つまり、一般的に営業は難しいけれども、
能力が高ければ、凄く稼ぐことが出来る。
といえるでしょう。

アフィリエイトについても、同じことがいえます。
他の人の商品を販売することになるので、
誰でも簡単にできるわけでは有りません。

誰でも簡単にアフィリエイトで他人の商品が販売できるなら、
わざわざ手数料払ってアフィリエイターにお願いなんかしないですよね。
自分で販売します。

つまり、全くの初心者からアフィリエイトで稼ぐことが出来る人は、
・ゼロからでも商品を売ることが出来る天才な人
・その人から商品を買いたいと思わせる事が出来る人
のどちらかです。

前者で成功できる人は、極一握りでしょう。
何を隠そう私自身も、無理でした。
でも、後者になるのは結構簡単です。
何らかのビジネスで実績を出してしまえばいいのです。

例えば、カメラ転売の商材をアフィリエイトするとしましょう。

「カメラ転売で100万円稼ぐことが出来ました!このノウハウが書かれた商材はこれです!」という人と
「私は稼いでいませんが、カメラ転売が稼げるらしいので、このノウハウをお売りします!」という人がいたら、
あなたはどちらの人から、商材を買いたいでしょうか?
圧倒的に、実績を出した人から買いたいですよね。

実績も出していない人が、いくら稼げます!といったところで、
説得力が皆無なわけです。

つまりいきなりアフィリエイトに取り組むのは、
非効率ですし、挫折する可能性が高いわけなんですね。

確かに、パソコン1つあれば完結してしまう、
アフィリエイトに魅了を感じる人が多いのは頷けます。
物販ビジネスだと、物を扱うので、
どうしても大変というイメージがありますからね。

でも、私がカメラ転売を始めた時に比べると、
今は、発送代行サービスもありますし、
一切実物に触れること無く、
物販ビジネスを実践することが可能な環境が整っています。

初心者が稼ぐには、物販ビジネスしかないと断言できるくらい、
再現性も高いですし、実践に必要な手間も多くないです。

もちろん1人で実践する物販ビジネスには、
限界があるのも事実ですが、
それでも月収300万円くらいまでは、
1人物販で稼ぐことが出来ます。

月収100万円だったら、本気で取り組めば、
3ヶ月で達成できますしね。

物販ビジネスはとにかく再現性が高く、
確実に稼げるビジネスモデルですので、
ネットビジネス初心者のかたは、
ぜび物販からスタートしていただきたいなと思います。


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士

2012年ネットビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラ転売を始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、
収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、
独自のノウハウを確立した。

2015年には法人の年商1億1000万円を達成する。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロから
ビジネスをスタートさせる方のサポートサービスを提供し、
100名以上の会員を持つ組織を結成している。

相原良太 公式メールマガジンはこちら


PAGE TOP