カメラ転売って稼げないのではないか?

カメラ転売を批判する人の中には、
カメラ転売は、もう飽和して稼げない。
他にもっと良い物販ビジネスがある。
などネガティブな事を言う人が居ます。

カメラ転売が飽和しているかどうかは、
以前記事にしましたので、そちらを見てください。

>カメラ転売は飽和しているのか?

今日は、他の物販と比較して、
カメラ転売の長所と短所を
述べていきたいと思います。

カメラ転売の長所

・少資金から始められる

カメラジャンルには、
安い者なら数百円から、
高い者では数十万円まで、
幅広い価格帯の商品があります。

最初に資金があまりない場合には、
数百円の商品から始めることもできますので、
少資金であっても、始めやすいビジネスですね。

また、カメラ店やヤフオクでも、
クレジットカードで仕入れることができますので、
クレカの枠さえあれば、
それだけの資金を以って、始めることもできます。

・月収100万円達成可能

カメラ転売においては、
月収100万円を達成するのは、
決して難しいことではありません。

もちろん、簡単であるとは言いませんが、
行動量だけでカバーできるのが、
月収100万円という数字です。

これは、もちろん純利益になります。

月収200万や300万となると、
資金量や、戦略が必要になってきますが、
月収100万円までであれば、行動量だけで、
誰でも達成できるのがカメラ転売です。

・カメラ以外の商品へ広げることができる

カメラ転売の仕切るが身につけば、
そこから他ジャンルの中古品を扱うことで、
売り上げを伸ばしていくことが可能です。

基本的に全てのr中古品において、
カメラ転売のノウハウは活用できます。

ただし、カメラという商品が、
初心者にも一番扱いやすいので、
私たちは、まずはカメラ転売をお進めしています。

・商売の基本が身につく

カメラ転売では、物販ビジネスで必要な、
全ての要素が盛り込まれています。

つまり、カメラ転売をマスターすれば、
物販ビジネスという商売の基本を、
全て身につけることができます。

カメラ転売の短所

・在庫リスク

有在庫である以上、
在庫リスクというのはどうしても生じてしまいます。
しかし、カメラの場合は、
価格が大幅に下がることは基本的に有りませんし、
在庫を現金化する手段も沢山あります。

いざとなったら、ヤフオクで、
1円スタートで出品してしまえば、
原価を回収することは容易にできます。

カメラ転売においては、在庫リスクは、
かなり低いといえるでしょう。

・資金繰りに気をつける必要がある

カメラ転売は有在庫で、
商品を扱いますので、
資金の回転には気をつけないといけません。

クレジットーカードで仕入れをして、
カードの支払日までに在庫を売りさばかないと、
資金ショートという事態になりかねません。

しかしながら、資金繰りというのは、
ビジネスにおいて常に考えていかなければなりません。

無在庫物販ビジネスの場合は、
資金繰りを考える必要がありません!
とよく言いますが、果たしてそのビジネスを実践していて、
ビジネススキルが伸びるのでしょうか?

経営者として成長するためには、
資金繰りの管理から逃げることは出来ません。
そういう意味では、立ち上げの段階で、
資金繰りの管理スキルを身につけられる方が、
良いでしょう。

・商品を一つ一つ扱う必要性

カメラ転売で扱う商品は、
基本的に全て中古品になります。

なので、コンディションについては、
1つ1つの商品によって違う者ですし、
仕入れた全ての商品んをチェックしないといけません。

なので、常に商品を仕入れしないと、
売り上げは立ちません。

この辺りが逆に大手企業の参入を防いでいるので、
飽和しにくいというメリットにもつながってきますが、
カメラ転売で月収1000万円を達成しようと思うと、
ちょっと難しいですね。

いかがでしたしょうか、カメラ転売の、
メリットとデメリットをお話ししましたが、
ビジネスのスタートアップとして取り組むのには、
最適なビジネスモデルだと思います。


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士

2012年ネットビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラ転売を始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、
収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、
独自のノウハウを確立した。

2015年には法人の年商1億1000万円を達成する。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロから
ビジネスをスタートさせる方のサポートサービスを提供し、
100名以上の会員を持つ組織を結成している。

相原良太 公式メールマガジンはこちら


PAGE TOP