就職せずに年商2億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

実はカメラには偽物が有ります

"カメラ製品は通常偽物はありません。
現代のデジタルカメラのバッテリーや、
バッテリーグリップなど、構造的に簡単なものに関しては、
中国製の偽物が出回っていることもあります。

カメラ転売では、あまりこれらの商品は扱わないので、
心配は不要かと思います。

カメラ本体やレンズに関しては、
原則として 偽物は存在しないと言っていいです。

実はライカの偽物が存在する



原則として存在しないと言いましたが、
実はカメラ黎明期においては、
偽物が作り放題だった時期があります。

それは、バルナック型ライカの時代になります。
この頃は、そもそもカメラ本体の構造が単純だったことも有り、
カメラ製造の先駆者である、ライカを真似して世界中で、
『コピーライカ』が出回っていました。

要するにライカの偽物になります。
とはいえ、各メーカーごとに色々な特徴があり、
また外観も完全に似せているわけではないので、
いわゆるブランド品の偽物とは異なり、
今でもコピーライカとして、一つのジャンルになっています。

代表的なものは、旧ソ連のゾルキーなどがありますね。
また日本のキヤノンなどもコピーライカを製造していました。

このジャンルはかなり奥が深く、
製造されていた時期が世界大戦にかかるものが多いので、
当時の資料が残っていなく、謎が多い機種もあります。

当然ながら、これらの機種にもマニアが居るので、
コレクションにしている方も多いです。

とはいえ、やはりコピーライカなので、
本家のライカには敵わないのか、
価格の相場的には、本物のライカを超えるものは、
殆どありません。

"


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士
在学中はAIの基礎的アルゴリズムをシステム最適化に応用する研究に従事。

2012年インターネットを使ったビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラをメインに物販ビジネスを始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、独自のノウハウを確立した。
ほぼ一人社長で経営する法人の年商は3億円を誇る。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロからビジネスをスタートさせる方の
サポートサービスを提供し、述べ1000名以上の会員を持つ組織を結成している。

カメラ転売を副業で始めるには

カメラ転売で月収30万円を稼ぐ方法


カテゴリー

PAGE TOP