就職せずに年商2億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

学生が起業するには

"初めまして、相原です。

私は現在東京大学大学院の博士課程に居ます。

それと同時に、株式会社の代表取締役をやっています。

所謂「社長」という奴です。

日本人は大学を出たら会社に入って、
一生そこで働くという「常識」に未だ囚われています。

 

日本という国が右肩上がりで成長していた時代においては、

それでも良かったのです。

 

しかし、今の日本は明らかに右肩下がりですよね。

だからと言って絶望して、「日本は終わりだ」と言うのではないです。

右肩下がりの社会に有った、稼ぎ方を身につけるべきなのです。

その方法は、「学生時代に就職活動をして、会社に入ること」では無いのは明らかです。

 

じゃあ、どうしたら良いのか?

そうです「起業」すれば良いのです。

 

「しかし起業なんてどうやってやるの?」

 

という疑問が浮かんでくるでしょう。

かつての私がそうでした。

 

学生時代に、漠然と起業したいと思っていても、

何をしたら良いのかなんてわからないんです。

 

なので、私がその道標になろうじゃないですか。

 "


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士
在学中はAIの基礎的アルゴリズムをシステム最適化に応用する研究に従事。

2012年インターネットを使ったビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラをメインに物販ビジネスを始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、独自のノウハウを確立した。
ほぼ一人社長で経営する法人の年商は3億円を誇る。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロからビジネスをスタートさせる方の
サポートサービスを提供し、述べ1000名以上の会員を持つ組織を結成している。

会社に行かなくても良い暮らし


カテゴリー

PAGE TOP