自己紹介

初めまして、相原良太です。

私は東京大学大学院の在学中に、
ネットビジネスで起業しました。

新しく起業した会社は、
3年で90%が潰れると言われていますが、
私の会社は今年で5年目を迎えました。

売上も順調に伸びていき、
昨年の年商は2億円ほどになりました。

大学院在学中に起業したので、
私はサラリーマンの経験が
有りません。

なんだ、社会に出たこともない
世間知らずの若造かよ!
って思うかもしれません。

しかし、果たして、
サラリーマンになることが、
本当に幸せなのでしょうか?

いい大学を出て、
いい会社に勤めて、
結婚して、家族を持って、
定年までサラリーマンを続ける。

はっきり言って、私だったら、
そんな生活は反吐が出ます。

給料という餌を求めて、
行きたくもない会社に
毎日満員電車に揺られて、
運ばれていく。

会社に着いたら、
嫌な上司の顔色を伺いながら、
夜遅くまでやりたくもない仕事を
毎日しなければいけないなんて、
絶対に嫌です。

そんな人生を送るくらいなら、
死んだほうがマシです。

それでも多くの日本人が、
学校を卒業したら、
サラリーマンになるのは、
仕方ないことだと
信じてしまっています。

でも私は、
それは、おかしいと、
学生のうちに気が付きました。

なので、就職して
サラリーマンにならなくても、
収入を得る方法を
必死になって模索しました。

そして3ヶ月で月収100万円を
稼ぐに至りました。

今では自分の好きな時に
仕事していますし、
気が向けば平日の真っ昼間から、
温泉に行ったり、
ドライブしたりしています。

あなたの価値観では
ありえないかもしれませんが、
私はこの生活を5年間も続けています。

とはいえ、平日の昼間から、
遊ぶ仲間も居なくて寂しいので、
もっと自由に生きる人を増やしたいなと
最近は実感しています。

ですので私は、
メールマガジンを通して、
会社に縛られずに自由に生きていく
方法についてお伝えすることにしました。


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士

2012年ネットビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラ転売を始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、
収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、
独自のノウハウを確立した。

2015年には法人の年商1億1000万円を達成する。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロから
ビジネスをスタートさせる方のサポートサービスを提供し、
100名以上の会員を持つ組織を結成している。

相原良太 公式メールマガジンはこちら


PAGE TOP