就職せずに年商2億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

ホームセンターせどり

ホームセンターで、
衝撃的な出会いをしてしまいました。


今日の昼間に、豊洲のホームセンターで、
買い物していたんです。


生後半年を超えたうちの息子が、
そろそろ家の中を自由に、
動き回れるようになってきたので、
「テレビ台に扉をつけよう!」
ということで板とか金具とか、諸々の材料を買いに来ました。


そして、ウロウロと店内を徘徊していると、
目の前に、何やら見覚えのある商品が!


キッチンペーパーのアメリカ版(?)
のような物で、使い捨ての丈夫な紙があるんですが、
「これ洗車用にいいじゃん!」と、
昨年末にAmazonで見かけて衝動買いしたものが、
普通に売っていました…


Amazonでしか売っていないと思っていたものが、
普通にホームセンターに並んでいたのも、
結構衝撃的だったのですが、
さらにその値段にも驚き。


Amazonだと2個セットで、
1000円以上していたのに、ホームセンターだと、
1個300円代で売っていました。


マジかい!ホームセンターの商品だけで、
せどりで稼げるんじゃ無いかなぁ。
てか絶対に稼げますよね。


もちろん、そんな転売なんてやりたくない!
と言う人はいるでしょう。
でもビジネスの取っ掛かりとして転売は良いと思います。
結果が出るまでが早いので、
まず商売に慣れると言う意味では本当に早いです


私自身もビジネスのスタートは、
転売からでした。
今でこそ、私の会社は物販だけの年商でも、
1億円を軽く超えていますが、
ビジネスのスタートは転売でした。



意識的に自分でビジネスをすると、
決めたのが8年前になりますが、
当時は中々成果が出なくて、
「マジで諦めよう…」
そう思っていた時に、ふらっと寄ったお店で、
衝撃的な出会いをしました。


当時普通に買うと4万円はするデジカメが、
なんとセールで2万円で売っていたのです。


その場でヤフオクの過去の落札相場を調べて、
確認しましたが間違いじゃなかった。
一瞬だけ躊躇しましたが、
これはチャンスだと思って、購入しました。


家に帰って、すぐにヤフオクに出品し、
結局、そのカメラは3日後に38000円で、
無事に落札されていきました。


当時ヤフオクの手数料は5%とかだったので、
手数料引いても利益が16000円とか残るわけです。
この時の興奮は今でも鮮明に覚えていますね。


うん、楽しく働こう!

やばいこのノウハウ8年経ってるけど全然飽和しない

Profile


名前:相原良太
性別:男性

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士 在学中はAIの基礎的アルゴリズムをシステム最適化に応用する研究に従事。 2012年インターネットを使ったビジネスの世界に足を踏み入れる。 カメラをメインに物販ビジネスを始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。 その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、収益を爆発的に伸ばすことに成功。 ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、独自のノウハウを確立した。 ほぼ一人社長で経営する法人の年商は3億円を誇る。 現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロからビジネスをスタートさせる方の サポートサービスを提供し、述べ1000名以上の会員を持つ組織を結成している。
PAGE TOP