起業するには何をすれば良いか

こんにちは相原です。

起業したいと言っても、
具体的に何をすれば良いのでしょうか?

事業内容も決めずに、
いきなり会社を作っても、
1年もたずに潰れてしまいます。

会社設立後、1年経って存続している会社は、
全体の3割に満たないと言われています。

それだけ起業というのは難しいのです。

でも、これを読んでいるあなたには、
あきらめないで欲しいのです。

幸いにも、今はインターネット全盛の時代です。
そして、ネット人口も未だ増え続けています。

つまり、それだけ稼げる市場が、
広がり続けているということです。

インターネットが無い時代の起業は、
それはもう大変だったでしょう。

広告を打つのにも多額の費用がかかるし、
集客した後も大変…

それが、今はネットの力を利用して、
いくらでもできるのです。

その気になれば無料で全部出来ます。
しかし、全てを無料で済ませるというのは、
オススメしません。

自分がやらなくて良い作業は、
外注もしくはツールに任せる。

このマインドが大事ですね。

それでもネットが無い時代に比べたら、
遥かに安い費用で済みます。

次回は起業する際の、
事業内容についてお話します。


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士

2012年ネットビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラ転売を始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、
収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、
独自のノウハウを確立した。

2015年には法人の年商1億1000万円を達成する。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロから
ビジネスをスタートさせる方のサポートサービスを提供し、
100名以上の会員を持つ組織を結成している。

相原良太 公式メールマガジンはこちら


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP