NikonのAiレンズの見分け方

ニコンのMFレンズである、Aiシリーズのレンズの見分け方について、
ご説明いたします。

まず、ニコンのMF(マニュアルフォーカス)レンズには、
大きく分けて以下の3種類があります。

 

■非Aiレンズ
ニコンのFマウントの中では最も古いタイプで、
後に出たAi方式に対応していない。
このタイプのレンズは基本的にデジタル一眼レフでは
使用できない。(物理的に取付不可)なので、
レンズの相場もAi対応レンズに比べると安い事が多い。

ただし、本体側にAi作動のためのピンが付いていない、
D5000シリーズやD3000シリーズなどでは、
装着が可能になります。

 

■Aiレンズ
Ai方式(Automatic Maximum Aperture Indexing)という方式に対応したレンズ。
カメラのボディに、開放(数字が最少)のF値を伝える事が出来るようになった。
Ai方式に対応したレンズは、最新のデジタル一眼レフでも基本的に使用可能。(もちろんマニュアルフォーカスです。)

 

■Ai-sレンズ
Aiレンズの小改良を行ったシリーズ。
カメラボディから絞りを制御する際の動き等が改善されている。
相場は一般的にAiレンズよりは少し高めな事が多い。

 

というわけで、これらのレンズの違いによって、
相場も異なってくるので、これら3種類の違いを
見分けられないといけませんね。

 

今回は、実際のレンズの写真で比較いたしますね。

 

■非Aiレンズ

ai_1

 

ai_2

 

非Aiレンズの場合は、レンズ横側の絞り値の表示が、
1列しかありません。AiやAi-sは2列表記があるので、
最も簡単に識別出来るポイントですね。

また、マウント側を見てみますと、マウントの縁の部分に
突起がなく、滑らかな状態となっています。

レンズの爪に関しても、切り欠きが1箇所のみとなっています。

 

■Aiレンズ

ai_3

 

ai_4

 

次にAiレンズです。
Aiレンズは横側の絞り表記が、2列になっています。
更に、マウントの周辺部には突起が有ります。
(この部分で開放絞り値をボディに伝達しています。)
また爪の部分に注目すると、切り欠きが真ん中に有るのは
非Aiと共通ですが、切り欠きの両側に穴が空いています。

 

■Ai改レンズ

Aiレンズが登場した時に、ニコンは従来の非Aiレンズを、
Aiレンズ相当に改造するサービスを行っていました。

Ai改レンズについては、Aiレンズと相場は基本的に変わらないです。
また、最初からAiだったレンズとAi改レンズとの違いについては、
カメラ店でも区別していなかったりするので、
そこまで気にする必要は無いでしょう。

 

ai_5

ai_6

純正AiとAi改の見分け方ですが、
マウント側の爪の反対側の中央寄りの黒い部分に、
突起が有るか無いかで見分けが出来ます。

純正Aiはこの部分に突起が有りますが、
Ai改の場合は、突起が有りません。

 

 

■Ai-sレンズ

ai_7

ai_8

 

最後にAi-sレンズについてです。

Aiレンズとの見分け方ですが、側面のマウントよりの絞り値表記のうち、
最大F値(写真ではf/22)の表示がオレンジ色になっています。
マウント側では、凹みが付いているのがAi-sレンズです。

 

これら3つの違いについては、ニコンMFレンズの基本ですので、
是非見分けが付くようにしてください。


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士

2012年ネットビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラ転売を始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、
収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、
独自のノウハウを確立した。

2015年には法人の年商1億1000万円を達成する。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロから
ビジネスをスタートさせる方のサポートサービスを提供し、
100名以上の会員を持つ組織を結成している。

相原良太 公式メールマガジンはこちら


PAGE TOP