7efaf3961f9f54e1bf3b3847f02c02cd

なぜ日本企業が凋落していくのか?

こんにちは、相原です。

先日の、
『元カノの写真が出てきました。』
の記事が非常に反響がありました。

今日はその第2弾になります。
https://www.facebook.com/aihaland/posts/10209159012597802



はい、元カノの写真じゃ無くて
すみません 笑

いやー、でも当時は最先端のガジェット達です。
当時はすごく先進的で、高校生だった私は、
ヤフオク転売で頑張って稼いで買いました。

今となっては、スマホ一つで、
両方の機能を全て含んでいて、
しかも性能も段違いなわけです。

それでもスマホという概念が、
なかったので、もの凄く革新的でした。

逆に革新的すぎて、一般の人にまで、
普及する事が無かったのですが・・・

日本のシャープという会社が、
これほどまで革新的な商品を
作っていたんですよね。
今では身売りしてしまいましたが・・・

話を元に戻すと、この8年後くらいに、
アップルがiPhoneを初めて発売し、
その後一気にスマホがブームになったのは、
皆さんもご存知の通りです。

当時、シャープも含めた日本のメーカーは
いわゆるガラケーを作っていました。

ガラケーというと時代遅れの
イメージしかないですが、
ハードウェアとしての性能は、
初代iPhoneに比べたら桁違いに高かったです。

つまり、技術力では、
日本の携帯メーカーの方が、
アップルよりも圧倒的に上だったのです。

それでも世の中はiPhoneを
選んだわけです。

iPhoneが売れた理由は、
色々と言われていますが、
・コンセプト
・マーケティング
の2つが優れていたからだと思います。

あとはデザインとかも関係ありますが、
私はデザインセンスは全くないので、
言及は避けておきます 笑

商品の技術力を上げるのは、
大切なことですが、それだけでは
残念ながら商品は売れないわけです。

商品コンセプトがキッチリと
定まっていなければ、
商品がいかに技術的に優れていても
市場はその商品を受け入れては
くれないのです。

商品を販売するときに、
マーケティングを疎かにしていては、
全く商品は売れなくなってしまうわけです。

逆に言えば商品のコンセプトが、
カチッとハマっていて、
マーケティングをキッチリとしていれば、
商品は必ず売れます。

しかもそのコンセプトに
しっかりとハマったお客さんからは、
感謝をされた上で、
自分も稼ぐ事ができるわけです。

商品コンセプトとマーケティング、
この2つを極めればどんな商品でも
売る事が出来るわけです。

しかし、これらは
「こうすればこうなる!」
っていう正解がない世界ですし、
一朝一夕に身につくものではありません。

実際、私自身もまだまだ勉強することが、
たくさんあります。

人生は常に勉強です。
勉強しない人は消えていくんだなぁと、
自分も身が締まる思いです。


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士

2012年ネットビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラ転売を始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、
収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、
独自のノウハウを確立した。

2015年には法人の年商1億1000万円を達成する。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロから
ビジネスをスタートさせる方のサポートサービスを提供し、
100名以上の会員を持つ組織を結成している。

相原良太 公式メールマガジンはこちら


PAGE TOP