30

カメラ転売で月収30万円を稼ぐ方法

カメラ転売で月収30万円を稼ぐには、
どうしたらよいでしょうか。

月収30万円という数字は、
一般的なサラリーマンの給与所得に匹敵する額です。

月収30万円を毎月稼ぐことができれば、
カメラ転売で独立することが視野に見えてくると思います。

カメラ転売で収益をあげるコツを掴んでしまえば、
月収30万円というのはかなりの確率で実現可能です。

実際、私の場合は開始から2ヶ月目で達成しました。
ゼロからスタートで2ヶ月目で月収30万円を達成できるのも、
カメラ転売のスピード感の成せる技だと思います。

1日の利益がから逆算する

月収30万円を達成させるためには、
1日あたりの利益額で逆算すると、
1日1万円稼ぐことが必要です。

もちろん、多少上下することはありますが、
平均すると1日1万円になります。

カメラの販売個数で言うと、
1個で達成できてしまう数字です。

1日1個、1万円の利益が取れる商品を、
見つけるということはそこまで難しくはありません。

もしヤフオク仕入れをするのであれば、
ターゲットを絞って100商品くらいチェックすれば、
1つは1万円の利益が取れる商品が見つかります。

もし1つの商品では難しい場合は、
5000円の利益の商品を2つ見つければ良いでしょう。

1つで1万円の利益の商品を探すよりも、
簡単になります。

もっと言えば、1つあたり3300円の商品を、
3つでも良いわけですね。

1つあたりの利益額を絞っていけば、
それだけ商品を探すのは簡単になっていきます。

ただし、その分販売する個数が増えますので、
それに伴って作業時間も増えてしまいます。

しかし、最初のうちは、1つあたりの利益額にこだわらずに、
極端に言えば1円でも利益が取れそうであれば、
仕入れてみたほうが良いでしょう。

1日2時間弱で月収30万円?

100商品のチェックをするのに、1日どのくらいの時間を、
費やせば良いのでしょうか。

慣れてしまえば、1つの商品をチェックするのに必要な時間は、
30秒くらいになります。

ヤフオクの検索画面から、商品を選んでクリックし、
商品写真と商品説明文をチェックする。
この作業が30秒で済むイメージです。

もちろん、時にはオークファンなどで、
落札相場を調べることもあるので、
実質的に必要な作業は、仕入れに関してはこの倍くらいになるでしょう。

そうすると、1日2時間という時間を仕入れに割くことができれば、
月収30万円という数字は達成可能です。

仕入れに関しては、1つあたりの利益額を減らすのであれば、
商品を見つけるのがもっと簡単になるので、
1日5個くらいまでは、仕入れ自体にかかる時間は
ほとんど変わりません。

1日2時間であれば、副業で時間がない方でも、
時間を作ることができるのではないかなと思います。

商品の出品作業にかかる時間は?

カメラ転売では、商品の仕入れ以外にも、
作業時間が発生します。
それは商品の出品作業などです。

商品の出品は慣れてしまえば、
1つあたり5分程度で完了してしまいます。

ですので、1日1つから3つほど販売するという観点からいくと、
ほぼ時間がかかりません。

ちなみに、写真撮影や発送梱包については、
さらに時間がかかってしまいます。

これについては、個数が増えれば増えた分だけ、
作業量は増えてしまいます。

ですので、1つあたりの利益額が大きい方が、
月収30万円を達成するにあたっては、
楽になりますね。

しかし、これらの作業は外注化可能ですので、
自分でやる必要はないでしょう。

カメラ転売のキモは仕入れにあるので、
一番重要な仕入れ作業に、貴重なあなたの時間を割くべきです。

もちろん、写真撮影や発送についても、
一定水準以上のレベルは必要ですが、
その基準をクリアできる外注業者がたくさんあります。

写真撮影については、撮影用のブースを用意したり、
撮影用のカメラの準備が必要だったりと、
自分で用意するのは何かと大変になります。

参考までに、写真撮影にかかる時間は、
慣れている人で、1つの商品あたり5分程度になります。

梱包、発送については梱包資材が準備されていれば、
これも1つあたり5分程度になるかと思います。

しかしながら、梱包資材を常に家に準備しておくのは、
場所的な成約からなかなか難しいと思います。

また、自分で発送するとなると、
商品を発送できる時間が、配送業者の営業時間で、
制約されてしまいます。

ですので、写真撮影や発送作業などは、
できるだけ外注するようにしましょう。

パソコン1つだけで月収30万円達成?

写真撮影や発送作業の外注が出来ますと、
ほとんどの作業を外注だけで回すことが出来ます。

そうすると、仕入れと検品くらいしか残る作業はありません。
実は検品についても、外注は可能ですので、
あとあなたがやるべき作業は、
何度も申し上げているとおり、カメラ転売のキモである、
仕入れ作業になります。

仕入れ作業だけで済むようになると、
パソコン1つ有れば、どこに居ても月収30万円を、
稼ぐことが出来るようになります。

それどころか、月収100万円も夢ではなくなります。
まとめますと、面倒な作業は全て外注にまかせて、
仕入れに専念することで、何処に居てもサラリーマンの
給与以上に稼ぐことが出来るようになります。

カメラ転売のビジネスモデルで、
あなたも自由を手にしてみませんか?


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士

2012年ネットビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラ転売を始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、
収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、
独自のノウハウを確立した。

2015年には法人の年商1億1000万円を達成する。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロから
ビジネスをスタートさせる方のサポートサービスを提供し、
100名以上の会員を持つ組織を結成している。

相原良太 公式メールマガジンはこちら


PAGE TOP