1001

雪が降ると物販に少なからず影響します

まだ11月だというのに、
東京では雪が降っていますね。

今日の東京の最高気温は4℃ということで、
あれ?どっかで見た数字だな…と思ったら、
1ヶ月前に札幌駅前で見た気温でした。

北海道レベルの寒さで、
ずっと家に引きこもっていたいところですが、
今日も外出の用事が2件もあるので、
出かけなくてはいけません。。

私は基本的に車移動なので、
雪が積もると、ちょっと困ります。

冬用タイヤ持ってないので、
雪積もったり、路面が凍ったりしたら、
電車で出かけないといけません。。

今日は埼玉の所有物件にも行くので、
電車だと駅から遠くて、かなり面倒です…

というわけで、早く雪止んでくれないかなと、
祈っております。

子供の頃って、雪が降ると大喜びでしたよね?
豪雪地帯の人にとっては、そうでもないのかな?
埼玉県で育った私は、中学生くらいまでは、
雪降ると喜んでいました。

そういえば高校の時も、
遅刻しても怒られなくなるから、
喜んでいた気もします 笑

大学生くらいからでしょうか、
雪降っても嬉しいということよりも、
電車が遅れたりして面倒なので、
降らないでくれ!て祈るようになったのは。

そして今は…
やっぱり雪降らないで欲しいですね。。

まず自分の移動に支障が出るということと、
物販やっていると、物流に影響が出ること。

そして従業員が遅刻したり、
来られなくなったりすると、
困ってしまうということ。

というわけで、やっぱり東京では
雪は降らないでほしいと願っています。


相原良太
1984年生まれ。東京都出身。

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士

2012年ネットビジネスの世界に足を踏み入れる。
カメラ転売を始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。

その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、
収益を爆発的に伸ばすことに成功。

ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、
独自のノウハウを確立した。

2015年には法人の年商1億1000万円を達成する。

現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロから
ビジネスをスタートさせる方のサポートサービスを提供し、
100名以上の会員を持つ組織を結成している。

相原良太 公式メールマガジンはこちら


PAGE TOP