就職せずに年商2億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

長く続けられるビジネス

物販ビジネスに関しては、
私も8年目になりますけども、
創業当時から一貫してずっとやり続けてきました。


正直なところ、
他の事業である程度収益が生まれるようになってからは、
物販ビジネスを完全に辞めてしまうという選択肢もありました。


実際に物販ビジネスは、
在庫を持ったりですとか、
実際の商品を扱うということで、
そこにコストがかかったりするので、
コンテンツ販売などの「売上≒利益」というような、
ビジネスモデルに比べると、どうしても利益率は下がってしまいます。


しかし物販に関しては、
仕組みを完全に作り込んでしまえば、
資金を投じるだけで収益が生まれるようになります。


実際に私の会社では、
2020年1月は、まだ半分が過ぎたぐらいですが、
物販ビジネスだけの売上で、
3300万円という数字が上がっております。


利益率の方は、若干低くて、
純利益で言うと20%弱ではあるのですが、
この売り上げに関しては、
私はほぼ何もせず資金だけを、
提供しているような形で、
物販ビジネスが実践されています。


実際、私達の場合は、仕組みというものが、
かなり完成されていて、
そこはやはり8年間の実績が大きいです。


常に改良を繰り返して、
完璧な仕組みを作っていますからね。


物販のネガティブな部分を、
ほぼ全て排除しているような、
仕組みが出来上がっています。


というわけで、非常に多くの方に興味をいただいている、
「長く続けられるビジネス」ということで、
しばらくこの魅力の方を、お伝えしていけたらなという風に思います。


やばいこのノウハウ8年経ってるけど全然飽和しない

時給300万円←嘘くさい

Profile


名前:相原良太
性別:男性

東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 工学博士 在学中はAIの基礎的アルゴリズムをシステム最適化に応用する研究に従事。 2012年インターネットを使ったビジネスの世界に足を踏み入れる。 カメラをメインに物販ビジネスを始めて、3ヶ月目で月収110万円を稼ぎ独立。 その後、海外ビジネスとカメラ転売を組み合わせ、収益を爆発的に伸ばすことに成功。 ネットビジネスと物販の仕組みを効率的に組み合わせ、独自のノウハウを確立した。 ほぼ一人社長で経営する法人の年商は3億円を誇る。 現在は、中古品物販ビジネスの実践とゼロからビジネスをスタートさせる方の サポートサービスを提供し、述べ1000名以上の会員を持つ組織を結成している。
PAGE TOP