Ryota Aihara Official Blog

就職せずに年商3億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

レンズのクモリが撮影に与える影響

今日はレンズの大敵!

クモリが撮影に与える影響について、

お話します。



レンズはなぜ曇るのでしょうか?



バルサム切れで揮発した接着剤が付着する場合や、

ガラスの材質そのものに起因する場合。

また、レンズのヘリコイドのグリスが揮発して、

クモリとなる場合など、様々な原因があります。



くもってしまったレンズですが、

分解して清掃すれば取れるものもありますし、

レンズ表面を磨かないと取れないものもあります。



ビッシリ曇っているレンズは、

さすがに撮影に影響します。



レンズをカメラに付けて、

ファインダーを覗くと、

「うわっ!」ってくらいモヤモヤします 笑



なのでクモリが酷いレンズは

私は仕入れしない事が多いです。



ただし、希少品等で且つ価格が安ければ、

その限りではないです。



そういうレンズは、そのままでも

値段が付きますし、

山崎光学というレンズ研磨とコーティングのプロに出すという手もあります。



そうすることで、光学極上品として売ることができます。



参考にしてくださいね!