Ryota Aihara Official Blog

就職せずに年商3億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

Amazonで悪意のあるレビューを削除する方法

Amazonで悪意のあるレビューを削除する方法


物販ビジネスにおいてもはや書かせることのできないプラットフォームが Amazon です。

Amazonで販売していると、自分のオリジナル商品や書籍に関するカスタマーレビューが表示されます。

基本的にレビュー評価は受け入れるべき



このレビューは商品に対する評価なので、基本的には厳しいご意見を頂いたとしても、それはご自身の商品が至らない点があったとして受け入れなければならないと思います。


しかしながら商品の出品者や書籍の著者に対する誹謗中傷などがなされることがあります。


商品のレビューにとどまらず誹謗中傷とまで言ってしまうと商品の売り上げにも悪影響を及ぼしその商品の出品者や書籍の著者なのか社会的信用を失墜するような事態にもなりかねるかと思います。


そのような場合著者や出品者の方はどのように対応すればよいかをまとめました。



まずはAmazonに削除依頼




まずアマゾンのレビューに関して不適切なものであれば基本的には Amazon に削除をするように依頼することができます。

Amazon のガイドラインでは不正や違反する行為を発見した場合はカスタマーサービスまでご連絡してください」 記載されています。

具体的にガイドラインに違反するような行為として、 誹謗中傷嫌がらせ脅迫などの内容、また他のお客様のプライバシーを侵害する内容、他人の悪口など攻撃的な内容、 えさんや所有権を侵害する内容。

このようなものが違反であるという風に記載されてあります。



Amazonへの削除依頼をする具体的な方法



では具体的に削除する方法ですが、まずレビューの横に違反を報告というリンクがあります。

Amazon にログインした状態でこの違反を報告するというところをクリックすると Amazon に対して報告する事ができます。

ただしこの違反報告をするから送った場合 Amazon が具体的にどのような対応をしたのかということは削除されなかった場合は知る由がありません。

ですので具体的に Amazon からの対応がない場合にはメールにてカスタマーサポートに連絡する必要があります。またこのメールを送信しても Amazon から具体的な返信がないということも考えられます。そのような場合は Amazon の日本法人であるアマゾンジャパン合同会社2文章で削除請求を行うこともできるでしょう。

基本的にはこれらのステップで誰から見ても明らかにガイドラインに反してるというような投稿であれば削除されることかと思います。




Amazonが対応してくれない場合




しかしながらアマゾンで判断がつかないケースなどに関しては削除がなされない可能性もあります。この場合はもし法人 de 顧問弁護士などが付いている場合は弁護士経由での削除請求というものが非常に有効です。 Amazon 側も弁護士から削除請求が来た場合にはきちんと回答をするしてくれることが期待されますので顧問弁護士をつけてらっしゃる方また多少費用がかかってもそのレビューを削除したい方は弁護士に依頼するのも有効な手段でしょう。


あまり考えにくいケースではありますが弁護士の削除請求にも Amazon 側が拒否した場合には、 削除を求めて裁判を起こすという手段も最終的にはあります。ただしこれには当然費用も時間もかかりますのでよほどのことがない限りはレビューの削除で裁判までいくケースは少ないでしょう。



嫌がらせレビューを繰り返された場合




次にデビューは削除されたけども何度も似たような内容で執拗にデビューをしてくる人がいる場合のケースです。


これは出品者や著者に個人的な恨みを持つ人物などが批判的なレビューを繰り返し投稿する可能性があります。 その場合削除依頼をしても削除依頼をしてもきりがなくいたちごっこのように何度も何度も延々に繰り返すことになってしまいます。その場合立派な業務妨害が成立しますので掲示的にも民事的にも相手に責任を追及することも可能になるかと思います。

この場合発信者を特定するためにアマゾンジャパン合同会社に関して投稿者の情報開示請求というものを行います。 としながらこの情報開示請求にアマゾン川が応じるかどうかというのはなかなか難しいかもしれませんやはりアマゾン川としても投稿者のプライバシーというものを守る必要がありますのでただ請求をしただけでは開示してもらえる可能性は低いでしょう。


その場合情報開示請求の訴訟を起こす必要があります。デビューからその発信した個人を特定するまでにアマゾンジャパン合同会社に対して直接発信者の情報氏名や住所の階乗を求めるという方法と、 Amazon投稿者がアクセスした IP アドレスの開示を請求する方法があります IP アドレスの会費の請求をした場合にはそこからさらにインターネットに接続しているプロバイダに対して IP アドレスから利用者の氏名や住所の開示をまた別途請求する必要があります。

アマゾンジャパン合同会社に直接投稿者の氏名や住所の開示を求める方が手続きとしては簡素でありますしかしながら投稿者が Amazon に対して虚偽の情報偽名や虚偽の住所の情報を入力していた場合その情報しか入手することができません。

これに対し IP アドレスの開示を請求した後プロバイダに対してその IP アドレスの利用者の情報を請求すれば投稿者を特定できる可能性は格段に上がります。しかしながら情報を得るためだけにすでに裁判を2回もしますので費用と時間はかな



具体的に投稿した人を特定することができた場合はその投稿者に対して損害賠償を請求する権利があります。 またその投稿内容が名誉毀損に該当する場合は刑事告訴という手段も可能になってきます。 請求金額については出品者や著者の書籍の売り上げ次第ではありますが大きく売上を上げているようなケースであれば当然損害賠償の金額も大きくなることが予想されます。


現在 Amazon だけでなく多くのショッピングサイトなどでカスタマーレビューの機能が付いておりますしかしそのカスタマーレビュー2心なき東方をされてしまうと商品の売り上げに大きく影響が出てしまいますそのような事態になった場合でも具体的な対処方法を知っておくことで迅速にかつ適切に対処することができますので万が一ご自身で手に負えないような案件になってしまった場合はインターネット上の誹謗中傷に詳しい弁護士に相談してみるのも良いかと思います。