Ryota Aihara Official Blog

就職せずに年商3億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

コロナウィルスの影響は全くない

コロナウィルスの影響は全くない

こんばんは相原です

昨日事務所で講師陣と打ち合わせをしていたのですが、
この不景気の中でも、中古カメラの物販ビジネスは、
売り上げが全く落ちていないそうです。
コロナウィルスの影響は全くないと言う事ですね。


今月もまだ半分も終わっていないと言うのに、
月収100万円を達成してしまった人がいました。


その方は別の物販に挑戦されていたのですが、
コロナウイルスの景気の影響をモロに受けてしまって、
ちょっと右肩下がりになってしまったと言うことで、
カメラの販売のほうに力を入れていったそうです。


そうしたらら今月は、2週間で月収100万円超えてしまったと。
このペースだと普通に3月は利益200万円を超えそうですね。


どうしても普通の物販ビジネスだと、
景気の影響を受けやすいんですよね。
景気が良い時は確かに売上も伸びる傾向にあります。


しかし今みたいに世の中の消費が落ち込んで、
不景気なムードになってしまうと、
途端に弱くなってしまうのが弱点です。


その点、中古カメラに関しては、景気の影響はほとんど受けずに、
順調に安定して売り上げを上げることが出来ます。


やはり不景気に強いビジネスっていうのは、
売上を安定化させると言う意味でも、
精神的にも安定して事業が継続できます。


まぁ安定した売り上げと言う意味では、
今わたしが取り組んでいるようなYouTubeでの発信ですとか、
個人で取り組むコンテンツ販売とかも安定的ですね。


実際にリーマンショックの時は、
まだこの業界あまり知らなかったんですけども、
2011年の東日本大震災の後とか、
日本国内が経済的にダメージを受けていたような時でも、
これらのビジネスは比較的景気が良かったですね。


未来のことは誰にもわかりませんが、
これからしばらくは景気が良くなる事は、
おそらくないと思います。


あと最低でも半年か1年ぐらいは、
景気の悪い状態が続くと考えられますので、
やはり不景気でも売上が下がりにくいビジネスを、
選択していくのが2020年生き残る術なのではないかなと思います。