Ryota Aihara Official Blog

就職せずに年商3億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

次世代通信「5G」知っておくべきことまとめ

次世代通信「5G」知っておくべきことまとめ

次世代通信「5G」のサービスがいよいよ始まりました。

5Gは凄い夢のある技術だと思います。

一方で今の4Gから何が変わるのか?イマイチよくわからないという声も多数頂きます。

ここで5Gでは何が変わるのか、具体的に説明していきたいと思います。

5Gの3つの特徴

5G特徴その1高速大容量

現在主流の4Gと呼ばれる回線の通信速度は1Gbpsと言われています。

しかし5Gでは、最大20gbpsと20倍の高速化を実現しました。

これによって、2時間の映画をわずか数秒でダウンロードできるほど高速化しました。

4Kや8Kといった超高画質の映像配信サービスが、スマホで手軽に視聴できるような時代になりました。

5G特徴その2超低遅延

超低遅延ということで、超低遅延とはどういうことかと言うと、一番わかりやすいのがLINEとかの通話ですね。

LINEの通話だと、普通に電話をかけるのに比べてちょっと相手の声とタイムラグがあったりします。

このタイムラグが、4Gにおける限界だったりするのですが、5Gにおいては、このタイムラグは1/10ぐらいになると言われています。

もう少し詳しく説明すると、サーバーにデータを下さいとスマホから指令を出した時に、通信回線で微妙に遅れが生じるのですが、その遅れが1/10になることによって、よりリアルタイムに近い通信のやり取りができるようになります。

5G特徴その3同時多数接続

多数同時接続ということを、あらゆる機器をインターネットにつなごうって言うIoT。

IoTと聞いたことあるかもしれませんが、どんなものでもインターネットに繋げるようになります。

でも多数同時接続が実現することによって、世の中の色んな物が、インターネットにつなぐことができるようになります。

5Gによって世の中の働き方も変わってくる

これからどんどん人手不足の社会になっていきます。

日本でも、少子高齢化で働き手が少なくなってるというのが深刻な問題なっています。

また今ですね、コロナウイルスの影響ってことでリモートワークというものも必要性が高まっています。

5Gの高速大容量通信によって、高精度な映像がスムーズにやり取りできるようになります。

なので遠隔治療ですとか、または遠隔ロボットによって医師不足ですとか、あと建設現場の作業員不足といった社会的な問題に、5G回線を用いることによって人がそこにいなくても作業ができ、このように人手不足に対して解決策となるのが5Gの回線ということですね。

実際にまだまだ革命は先の話ではあります

もちろん実際に、遠隔の治療ですとか遠隔の建設作業が完全に実用化するのには、やはりそのロボットとか、作業を行う部分の技術も向上しなければいけないので、5Gのサービスが始まったからといって、すぐに実用化されるものではないです。

ただ一方で、遠隔治療や遠隔作業に必要な技術というものは5Gであるので、実際にこの5Gのサービスが、2020年から始まるというのは非常に大きな意味を持っています。

でも実際に5Gのサービスはまだ始まったばかりなので、現時点では高速大容量っていうところしかユーザーのメリットというものはないです。

5Gのサービスが全国隅々まで行き渡ることによって、3つのメリットであげた低遅延と稼働多数同時接続というもののメリットは生きてきます。

期待はずれというのは的外れな指摘

現状でまだ5Gは始まったばかりの状態です。

当然ながらエリアも狭いですし、まだ対応しているスマホもあまりないですし、まだまだこれから普及していく技術であるということですね。

まだ普及しきっていない状態で期待外れだっていうのは、本当に的外れな指摘だという風に思います。

動画に関しては見る方も配信する方も一気にハードルが下がる

5Gの恩恵を受けやすいものが動画配信ですね。

もちろんこのYouTubeですとか、あとはテレビ局なんかもオンラインでの配信を普及させています。

またHuluとNetflixとか本来の動画配信サービスというものも、5Gによってさらに普及が進むことだと思います。

今でもスマホで動画サービスYouTubeなんかも含めて見ることは出来ますけども、やはり容量不足、いわゆるギガ不足というハードルがあるので、wi-fiがあるところでしかスマホで動画を見ないようにしてるって言う人もたくさんいると思います。

5Gは基本的にデータ容量無制限

5Gになってくると、基本的にはデータの容量の制限というものがなくなる方向で今携帯各社動いていますので、家に居ても外にいても、ギガ不足というものを気にせずに動画を視聴できるようになるっていう時代がやってくると思います。

そうなってくると、やはり動画配信サービスYouTubeなんかも含めて、非常に盛り上がってくるということですね。

YouTubeチャンネルなんかも非常に盛り上がっていって、動画を配信していくYouTuberって言われる人も増えていくのではないかと考えております

自動運転にも欠かせない技術になっていく

自動車の自動運転なんかにも、5Gの通信技術は必要になってくと言われています。

実際に自動運転のためには、高精度な道路の地図が必要で、この道路の地図を通信回線を使って、車がダウンロードしてくるわけです。

常にリアルタイムで、その高精度な地図というものの情報を手に入れることが求められ、ここで5Gの通信技術というものが役に立ってくるわけですね。

実際に自動車を運転していると、想定外なことが色々と起きてきます。

例えば道路が工事中だったりとか、渋滞が発生していたりとか、そういう情報を、常に自動車が通信回線から取得できるデータの精度が、高ければ高いほど自動運転というものは実用化に近づいていきます。

なので実際にドライバーが完全にいなくても、目的地にたどり着けるような究極の自動運転というものは、5Gで低遅延な通信回線が実用化されないと、現状の4Gの通信回線ではなかなか難しいと考えています。

もちろん高速道路に限定した自動運転というものは、既に実用化されていますが、普通の街中とかどんな道路でも、自動で運転できるようになるには、高速低遅延通信回線というものが必須ということで、5Gの技術が普及しないと自動運転というものも実現しないわけですね。

5Gの普及にあたっては日本は少し遅れています

残念なことにですね、5Gの普及に関しては日本は少し世界に比べて遅れています。

日本国内ではですね、2020年の3月からようやく5Gのサービスが開始されましたが、すでに世界の多くの国では、5Gのサービスすでに始まりつつあります。

日本国内ではまだエリアが限定的ということで、東京都内でも本当に大きな駅の近くとかでしか5Gがまだまだ使えないような状況ですが、そこに関しては5Gの基地局と呼ばれるアンテナを、どんどん増設していくと考えられますので、全国どこにいても5Gが使えるようになるように、今携帯各社が準備を進めているという状況です。

5Gはスマホ登場以来の革命になる

5Gの回線は非常に注目されています。

期待もされているわけなのですが、このただ単に回線が早くなっただけではなく、一見地味に見えるけども、高速になって且つ低遅延であり、同時に多数接続できるということで、世の中のいろいろなものが、インターネットに繋がるという時代がやってきます。

なのでスマートフォンの登場以来の、革命的な出来事になるのではないかということと、これから5Gの普及がどんどんしていく中で、この新しい技術に期待をしていきたいなという風に考えています。