Ryota Aihara Official Blog

就職せずに年商3億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

国内向け物販ビジネスは全く変わらず安定しています

国内向け物販ビジネスは全く変わらず安定しています

先週の緊急事態宣言からは、
私の会社もテレワークということで、
なるべくスタッフが事務所に来ないように、
人の配置なんかを変えておりました。


私の会社の場合、物流事業があるので、
ここに関しては物理的にテレワークができないのですが、
物流業務も、なるべく時短で終わらせて、
終わった後はなるべく速やかに、
従業員を帰宅させるという方向で仕事をしています。

私自身は事務所にずっといるのですが、
一人で事務所に籠もっているので、
基本的には誰とも会うことはなく、
仕事をしている感じです。


そんな物流事業ですが、
特に海外向けの発送なんかは、
もろに影響を受けていたりします。


日本郵便が、世界のほとんどの国への海外発送の、
荷物引き受けを停止するという事態になってしまったので、
輸出ビジネスに関してはかなりの打撃を受けてますね。


輸出先のメインはアメリカなのですが、
アメリカに関しては今のところ荷物の引受はしてもらえています。
しかし、航空便の便数が減っているため、
日本国内の国際交換局というところで、
荷物がかなり滞留しているようです。


商品を手元から発送してから、
2週間以上経っても、荷物がまだ日本国内にあったり、
場合によっては荷物が戻ってきてしまったり、
というような事態が発生しています。

そして、残念ながらしばらくは、
海外向けの物流が元に戻ることはなさそうです。
なので輸出ビジネスに関しては、
正直かなりの打撃を受けているような状況です


では日本国内はどうかと言いますと、
国内のネットを使った物販に関しては、
弊社の事例で言うと売り上げは変わらないといった状況です。


うちで扱ってるような商品は、
アンティーク品とかカメラとかで、
趣味趣向性が高いような商品がメインです。


なのでスーパーマーケットやドラッグストアなど、
巣ごもり消費の特需で需要が伸びるというわけではないのです。


一方で売上が下がることもなく、
一定の水準で安定して推移しています。


私自身が8年前に、中古品の国内の物販から、
ビジネスをスタートしたということもありますが、
実際にこのような世界的な危機においても、
安定しているビジネスと言えますね。


いまコロナ融資とかで、かなり好条件で周りの起業家たちが、
普段だったらありえないような条件で、
融資を引けていたりしますが、
うちの会社の場合はそういう融資の対象外ということでした。
売上が下がっていないので、まぁ本来は喜ばしいことなのですが…


とにかく色々な救済制度はありますけども、
そういう制度を使わずに、
自力で順調にビジネスがうまくいくのが一番良いです。


なので私の場合は、物販ビジネスに関しては、
国内での物販を粛々とやっていくのが、
いいのかなという風に感じております。