Ryota Aihara Official Blog

就職せずに年商3億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

ネットショップという独自のビジネス

ネットショップという独自のビジネス

物販ビジネスを始めるとき、
基本的にはプラットフォームを使ったビジネスを展開することになるかと思います。

Amazonだったりebayだったりヤフオクだったりと、
これらのプラットフォームを使ってビジネスを展開していくことで、
ゼロからスタートするときでも、比較的速やかに売上を上げる事ができるようになります。


一方で、プラットフォームで商売をさせていただくということは、
そのプラットフォームの規約に則ってビジネスを進める必要があります。


そして、その規約というものは、
往々にしてプラットフォームの都合で突如変更されたりします。


また、プラットフォームから一方的にアカウント削除されたり、
永久追放されることも、稀にあります。


また、商品を仕入れる際にも、
卸商社などから販売先について聞かれたりします。


そして販売先がebayやAmazonのみだと、
取引先からの印象もあまり良くありません。


やはり、自社のプラットフォームとして、
ネットショップを1つ持っているだけで、
ビジネスとしての信用度が桁違いになります。


このように、プラットフォームの集客力を利用するメリットと、
プラットフォームに依存するデメリットがあるわけですが、
それらに良くも悪くも一切とらわれずにビジネスを展開出来るのが、
独自ネットショップなわけです。


以前は弊社も100%プラットフォーム依存で物販ビジネスを展開してきましたが、
今では、プラットフォーム売上と同等までは行かずとも、
ビジネスとして成立するレベルの売上はネットショップで上がるようになりました。


同時に弊社では実店舗も運営しておりますが、
そちらの売上はまだまだこれから・・・というところです。


まぁ実店舗までやる必要性は無いと思いますが、
現在ネット上で物販ビジネスを展開している人は、
脱プラットフォームそろそろ真剣に考えてみましょう。


でないと特に転売レベルの人は、
今後どんどん厳しくなっていく一方だと思います。

まず最初に商材選び!



ネットショップは無在庫販売に適する販売方法



ネットショップは自分でルールを作ることができます。極端な事を言うと無在庫販売もできますし、
在庫が切れたら即返金してキャンセルも問題ありません。
もちろんやりすぎるとお客様からの評判を落としてしまいます。
しかしネットショップの場合は
ebay やアマゾンのようにアカウントに傷が付きサスペンドをされることはありません。

謝罪して他の商品を代わりに紹介することで相手を満足させることも可能です。

そのためネットショップと無在庫販売はとても相性がいいと言えます。



需要のある商品を探そう



ネットショップを作成する前に
まず何を販売するショップなのかを決める必要があります。
売りたいものがあるから決める必要はない。と思っている人もいるかと思います。

どうしても売りたい商品がある場合は構いませんが、ネットショップを構築し集客したからといって
商品自体に需要が無ければ売る事は非常に難しいです。
自分が売れると思っても売れないのがビジネスです。特に海外の人は日本人とは感性が全く違います。
ポップカルチャーがブームになり日本好きの人も非常に多くなってきました。

ですが日本人が売れるとは思ってもいない商品が人気があるケースが多いのです。


SNS で需要のある商品をリサーチする。



海外で何が売れるかというのは日本人では判断することが難しいです。

その場合はインターネット上でリサーチをしましょう。

特にフェイスブック、ツイッター、ユーチューブで話題になっている商品などを探してみてください。

これらの SNS では様々な事に対して話し合っています。ヒントが見つかるかもしれません。

また扱いたい商品の候補があるとしたらそれぞれの SNS で検索してみましょう。
検索数が多ければ多いほど
その商品やジャンルに対しての
認知度が高いという事になります。
また全く話題になっていない商品を一から販売するとなると相当な努力と広告費が必要となります。


eBay とAmazon.com からリサーチする



ebay 輸出やアマゾン輸出では、
海外のお客さまが何を求めているかが分からないので売れる商品を徹底的にリサーチするというのが
常識となっています。
このリサーチ方法を活かして
実際に何が海外で売れるかを調べ上げ
そしてネットショップで扱う商材を決めましょう!
eBay や Amazon でのリサーチ方法というのは
実際に eBay や Amazon で過去に落札された商品を探して出品するという方法です。
海外の人が過去に購入したという事は
外国人にとって興味ある商品と言えるからです。
星の数ほどある商材の中から
どれかを探し出すという作業は至難の技です。
無在庫販売ならリスクはありませんが
在庫をもってネットショップで販売する場合は徹底的にリサーチして
「商品を仕入れたが不良在庫になってしまった」という事はできる限り少なくしましょう。

Google の検索結果を参考にする



自分自身が販売したい商品を英語名で
Google に検索をかけてみましょう。
検索結果が多ければ多いほど
認知されていますしまた話題になっていると言えます。
逆に少な過ぎる場合は誰も知らない可能性があります。
先ほどもお伝えしたように、認知度が低い商品の場合は購入してくれる可能性が非常に低くなります。
商品名が検索されない場合は
商材のカテゴリ・ジャンルがどれだけ人気あるかもリサーチしてみましょう。