Ryota Aihara Official Blog

就職せずに年商3億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

Amazon・楽天・Yahoo ショッピングは景気が良い

Amazon・楽天・Yahoo ショッピングは景気が良い

12月に入って物販ビジネスは、
かなりの大盛り上がりを見せていますね。

特に私の周りで、
Amazon・楽天・Yahoo ショッピングなどで、
販売をしている人達からは、
ものすごく景気の良い話が聞こえてきます。


「1日で100万円を売上ました!」とか
「今月すでに月商1000万円達成しました!」とか
かなり景気のいい話が、
私の耳にも届いています。


しかしながら、弊社のメインの物販では、
中古品やアンティークなものが多いですので、
Amazonに関しては攻略していますが、
楽天やヤフーショッピングに関しては、
正直未知の領域ではあります。


なので私も、楽天とか
ヤフーショッピングでそんなに売れるんだフーン
みたいな、斜に構えているというか、
結構冷ややかに見ていました。


ですが!!
そうは言っても、
どうも話を聞いていると、
「それうちの会社でもやった方が良くない?」
という風に認識が結構変わってきました。


実は私は2016年ごろまでAmazonでの販売っていうのを、
一切やってこなかったんですね。


それまでは国内向け物販はヤフオクで、
海外向けはebayでと棲み分けていて、
そこにネットショプをコツコツと、
絡めて行くというスタイルでした。


実際それで年商1億とか行きますし、
それでずっといいと思っていました。


しかしですね、今から3年ちょっと前に、
弊社としてもインターネットで物販をやっていく上で、
Amazonはもう欠かせないよねと言うことになり、
Amazonの物販のビジネスに参入しました。


そうするとですね、
全くのAmazon初心者であった弊社ですが、
たった2ヶ月で月商500万円まで
持って行くことができました。


そこからは、結構紆余曲折は
ありましたけども、
なんだかんだでAmazonでの売上というのは、
弊社の物販ビジネスでも
重要なポジションを占めています。


それでも、楽天とかヤフーショッピングに関しては、
Amazonがあるからいいかなと、
私もずっと思っていました。


ですが!なのですが!!
2019年も年末になって、
楽天とかヤフショで物販ビジネスをやっている人から、
色々な話を聞いてくと、
うちの会社もさすがにやらないのはもったいない!!
っていう結論に至りました。


とは言っても、物販が一番盛り上がっている、
この12月も10日が経ってしまっているわけで、
クリスマス商戦っていうのも、
あと2週間ぐらいしか残されていません。


現実的に、今から出店審査とかしても、
今年はもう間に合わないのです…


なので、来年に向けて初めて行くって形にはなるかと思います。


2019年結構やり残した事って、
皆さんたくさんあると思います。


私は楽天とヤフショが
2019年出来なかったということは、
今心残りであります。


それ以外のビジネスに関しては、
結構順調にうまくいったので、
2019年はわりと良い年だったなという風に思います。
ただやり残したことがあるというのは、
悔しい気持ちはあります。


なので2020年以降も、
絶対にインターネット物販っていうのは
伸びるていくのは間違いないですので、
2020年に飛躍したいという方は、
やはり今のうちから情報を調べておいた方がいいですね。