Ryota Aihara Official Blog

就職せずに年商3億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

不動産投資は大変ですね

不動産投資は大変ですね

今日は埼玉県にある、
私が所有して運営している不動産物件の、
見回りに行ってきました。


私の場合ちょっと運営形態が特殊なので、
普通の不動産物件よりも、若干手間がかかったりするのですが、
それでも基本的には管理会社に任せてあるので、
私が現地に向かうのは年に数回ぐらいになっています。


しかしですね、管理会社に丸投げしていると、
結構管理が行き届いていないことも多いんです。


これは管理会社を責めるわけではなく、
基本的にどこの管理会社でもそうだと思うんですが、
例えば敷地内の溝の部分に落ち葉がたまっていたりとか、
そういう細々としたところは、
業者に定期的に清掃をしてもらっていても、
やはりなかなか気づけ無いわけなんです。


なのでこういう細かいところは、
オーナー目線でチェックしないといけない部分です。
後は建物の劣化とか修繕が必要な箇所なんかも、
チェックしていかないといけません。


なので不動産投資とか家賃収入とかって、
不労所得みたいに思われがちだったりするのですが、
実際に不労所得にするのは結構大変です。
やはり年に数回は現地を見に行って、
チェックするべきところはあると思います。


やはり不測の事態というのは起こってしまうわけで、
今回もトラブルを発見しました。


ごく微量ではあるものの、
ガス漏れが発生したりしていたんですね。
それでガス会社を呼んで点検をしてもらったりしていました。

私が買った物件は、新築ではないんです。
むしろ木造の耐用年数ギリギリの物件でした。
しかし、そういう物件を少し手をかけて運営していく。
そういうやり方を私はとっています。


実際新築で不動産を買えば、
だいたい10年くらいは、
建物の不具合は無く運営できたりするものです。


しかし結局新築の不動産物件は基本的には割高なので、
新築物件を買ってしまうと、
なかなか収益が出ないという事態に陥ります。


一方で私のように少し築年数が経っているけど、
問題箇所を洗い出して修繕しながら運営していく方法は、
手間はかかるけど収益性は高くなります。


不動産投資を不老所得だと思っている人は、
割高な新築物件とかを掴まされたり、
もしくは悪徳不動産屋から相場よりも高い価格で物件を買わされたりしています。


この辺の話は愚痴っぽくなってしまいますので、
また別の機会に書きますが、
とにかく不動産投資も投資というよりは、
事業として取り組まないと中々収益は出ません。
そして事業として取り組むのは本当に大変です。


いやー、ネットビジネスって本当に凄いです。
パソコン一つでリスク無く稼げるわけですから。