Ryota Aihara Official Blog

就職せずに年商3億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

テレワーク効率化のための5つのポイント

テレワーク効率化のための5つのポイント


外出は自粛しばらく続いてしまいそうです

残念ながら外出自粛が、解除されるまでちょっとまだ先は長そうです。そうなってくると、テレワークを導入する必要があるかと思います。

一方でテレマークとなると、自宅で仕事をするので仕事の効率が悪くなってしまいがちです。やはり奥さんや子供が騒いでいたりとか、趣味の物が置いてあったりとか、色々と集中を邪魔するものが沢山あるわけです。

そもそも、やはり環境が仕事に適していないと、なかなか効率が上がらずにストレスになってしまう可能性もあります。

私自身はテレワーク歴8年目

私自身は、テレワークと言うか、一人で仕事をしてもう8年になります。

実際、私自身も色々集中できる環境を、試行錯誤をしてきています。

私自身の今のやり方っていうのは、最後でお話ししますが、ここでは誰でもできるポイントということで、テレワークで集中するための5つのポイントをお話ししていきます。

ポイントその1 規則正しく生活をする

やはりテレワークとなりますと、決まった時間に会社に行かなくていいとか、仕事の時間は、あまり決められていないことが多いわけです。

そうなってくると、やはり人間だらけてしまうわけなんですね。

なので、休みの日みたいに、お昼ぐらいになるまで、午前中ずっと寝ていたりします。
しかし起きるのが遅くなると、頭の回転が悪くなり仕事をしようとしても、脳みそが切り替わらずに、非常に効率が悪くなってしまいます。

なので、規則正しく毎日決まった時間に起きて、仕事を始める時間を決めることが大事なのではないかと思います。

なんだかんだ会社に行ったりとか、学校に行ったりして、決まった時間に仕事や授業が始まるっていうのは、結構合理的だったりするわけです。

通勤の時間が無駄だとか、満員電車が大変だとかはありますけど、決まった時間に仕事を始めるっていう習慣が大事です。テレワークでも、時間を決めてその時間から作業を始めるって事を、心がけた方が圧倒的に効率は良くなります。

ポイントその2 ノイズキャンセリングイヤホンで集中できる音楽を聞く

二つ目ですが、これかなり重要です。

ノイズキャンセリングイヤホンで集中できる音楽を聴く、ノイズキャンセリングイヤホンっていうのは非常に有効です。

AirPodsPro凄い

私は、AirPodsProというものを使っていますが、本当にこのイヤホンをつけて、ノイズキャンセリングをオンにすると、シーンという風になるんですね。

まわりのノイズが、一切聞こえなくなった本当に静かな状態になって、頭の中も本当にクリアになります。

AirPodsProは3万円ぐらいするので、イヤホンに3万円高いよ、と感じる方もいらっしゃるかもしれないですが、このノイズキャンセリングの効果に関しては、3万円払う価値は全然あると思います。

実際に、私もAirPodsPro買った時は、正直そこまで必要性を感じなくて、話題になってるからっていう感じで買ったんですけども、このAirPodsPro買って、自分で使ってからは、本当に手放せなくなりまして、ポケットに入れて持ち歩いているほどです。

私はポケットに物を入れるのが好きではないので、ポケットの中は、携帯と鍵ぐらいしか入れてないのですが、携帯と鍵に匹敵するぐらい、AirPodsProというのも重要なアイテムになっています。

自分が集中できる音楽を流す

私は、YouTubeで作業用BGMと呼ばれるものを流しています。

自分の好きな音楽を聴くのはいいのですが、歌詞があるようなもの普通の歌とかは集中が途切れがちです。

歌詞がないようなジャズとか、クラシックの音楽がいいと思います。私はジャズが作業用BGMとして適してるなと思っています。

クラシックだと、音楽のメリハリと言いますか、盛り上がりのシーンと静かなシーンで、結構集中が途切れてしまいがちですが、ジャズだと、割と一定のテンポと音量で流れています。作業用BGMとしては、私はジャズを使っています。

ここに関しては、本当に好みがあると思いますので、YouTubeなんかにも上がってますので、是非探してみてください。

ポイントその3 一度にあれもこれも手を出さない

一度にあれもこれも作業しないということで、結構たくさんのタスクを、抱えてらっしゃると思います。


それを並列に処理するってなると、やはり効率が悪いです。これはもちろん、テレワークに限った話ではないのです。

特にテレワークにおいては、マルチタスクとして色々な事を同時にやると、タスクを切り替える時に、集中力が途切れてしまいがちです。

集中力が途切れてしまうと、そのまま何か別のことをやってしまったり、気がついたら、仕事の手が止まって1時間以上経っている、そういうようなことがよくあります。

基本的にはテレワークにおいては、特にシングルタスク、同時に一つのことに集中して作業をする、こうした方が、作業効率後的に高まります。

会社とか周りに仕事をしてる人がいない環境だと、集中力が途切れた時に、また集中再開させるのが難しくなりがちで、なるべく集中力を途切れさせないために、一つのことに集中して仕事をして、仕事が片付いたら次のことに着手する、ということを特に心がけた方が良いでしょう。

ポイントその4なるべく何も置かない

作業場所に、なるべく何も置かないというのも大事です。

やはりですね、作業する場所机の周りに何か置いてあると、集中が途切れた時に、それが気になってしまうわけなんです。

なので、なるべく何もない空間で作業する方が良いです。外出自粛が出ていなければ、カフェとかで仕事する人いますけども、カフェであれば、テーブルの上に何もない状態なので、その方が集中できる人もいるということです。

実際に何も置かない空間っていうのは、難しいかもしれないですけど、なるべく作業をする場所は、片付けて綺麗にしておきましょう。

理想としては、もうミニマリストみたいな部屋で作業するのが、一番理想的ではあるのですが、なかなかそうもいかない人も多いと思うので、出来る限り作業場所には、周りに何も物を置かないということを心がけてください

ポイントその5ご飯を食べすぎない

最後にこれも結構重要です。
ご飯を食べ過ぎないということですね。

朝ごはんはしっかり食べた方がいいのかもしれないですが、お昼ご飯に関しては、食べ過ぎるとやはりどうしても眠くなります。


眠くなった時に、テレワークだと昼寝しても誰も怒ってくれません。さすがに会社だと、なかなか昼寝するってことはないと思いますけど、自宅にいたりとかテレワークだと、昼寝をしてしまっても誰も怒る人がいないので、お昼ご飯を食べ過ぎないようにする、っていうのが大事です。


外出自粛という意味では、外食したりしないのかもしれないですが、家でついつい食べ過ぎてしまうような人なんかは、お昼ご飯食べ過ぎないように、そして午後眠くならないように、気を付けた方がいいのではないかなと考えております。

テレワークで作業効率を高める5つのポイント

今回はテレワークということで、会社に勤めてらっしゃる方に、今回の外出自粛によって、テレワークをするという前提でお話をしました。

実はこの話は、独立してビジネスをやるという人にも当てはまります。

私自身8年前に、独立してビジネスを始めました。やはりビジネスにおいて、作業をする時間は非常に大切です。

そして集中できる環境というものも大切なんです。自宅とかで仕事をしていると集中できません。

すぐに他のことをしてしまったり、テレビを見てしまったりしてしまうわけなんですよね。

いかに集中して仕事をするかということで、結構本当に試行錯誤を繰り返しました。

カフェに行って一日中作業をしてみたりとか、コワーキングスペースみたいなところに行ってみたりとか、いろいろ試行錯誤をしました。実際に今私がやってる方法は、事務所を家とは別に借りて作業しています。

家で仕事をしていると、奥さんとは子供がいたりとか、なかなか集中できなかったりするので、私は事務所で私だけの部屋というものを作って、その部屋で普段は仕事をしています。

そしてなるべく、朝9時に事務所に来るようにして、決まった時間に仕事を始めるということを心がけています。

なんだかんだ、決まった時間に決まった場所に来て、作業を始める、習慣化する意味でも効率的ですし、この家を出て事務所に行くというのが気持ちを切り替える上でも、かなり良かったりします。

満員電車に乗るとかは避けたいので、私の場合は、家から歩いて10分ぐらいのところに事務所を構えています。

外出自粛という風になってますけども、電車に乗ることもなく歩いて行けますので、外出自粛と言っても特に影響はなく、事務所で効率的に、仕事を進めることができています。