Ryota Aihara Official Blog

就職せずに年商3億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

新年度を迎えるにあたって

新年度を迎えるにあたって

4月になり新年度が始まりました。
しかし新年度は始まったといっても、
コロナウイルスの影響で、
世間は鬱蒼としたムードが漂っております。


ちょうど一年前の2019年4月1日に、
新しい元号か令和になるということが発表されました。



この日は確か天気も良くて、
暖かかった記憶があります。


11時半くらいに発表だったと記憶していますが、
私は家に帰っ、テレビの前で、
新元号の発表を固唾を飲んで、
見守っていた記憶があります。


そして令和という新しい元号が発表されて、
日本国民がまだ聞き慣れない、
「令和」に戸惑いつつも、1ヶ月後から始まる、
新しい時代へと期待を寄せていたことだと思います。


まさか当時は、1年後に世界中で、
このような騒ぎが起こるということは、
1ミリも想像できませんでした。


2020年はオリンピックが行われて、
日本国内も経済的にも盛り上がりを見せている、
そういう未来を私も確信していましたし、
自分自身のビジネスをどう進めていくか、
頭の中で色々と思い描いていました。


それが、2020年4月1日を、
いざこうし迎えてみますと、
日本国内も九州南部や沖縄以外は、
雨が降っていて天気が悪いですし、
そしてこの自粛ムードの中、
新年度を迎えるという、
何だか鬱蒼とした気持ちになっています。


この騒動がいつ収束するのか、
正直先行きは見えないです。
見えないけれども、
コロナウイルス騒動が収まった後に、
人々の価値観や行動というのは、
完全に元に戻るということは無いと思います。


ウィルスという目に見えないものが、
人と人が近くにいることによって、
感染してしまうという事実が心に刻まれ、
今後はオンラインでインターネット上での、
消費活動がますます盛んになっていくでしょう。


飲食店はもとより、コンテンツ産業なんかも、
どんどんオンライン化が進んでいくことは、
誰の目にも明らかです。


私自身も、この4ヶ月ほどは、
YouTubeで自分のコンテンツの発信を続けてきました。


このコロナウイルス騒動で、
私のYouTubeチャンネルは、
チャンネル登録者数も、
再生回数も伸びているのが現状です。


今までも毎日のように動画を作成して、
コンテンツの作成を進めてきました。
しかし、もっと自分にできることはないか?
自分の知識やノウハウをコンテンツとして、
提供できることはないか?と考え、
今月からさらにコンテンツの作成の、
スピードを加速させていきます。


私は情報を発信者として、
世の中に存在感を示すことで、
さらに私の発信に価値を感じるてくれる人を増やし、
より一層インターネットを使ったビジネスの業界を、
盛り上げていこうと考えております。


新年度の始まりということで、
私も新しい決意をもとに、
ビジネス活動頑張っていきます。


これを読んでいるあなたも、
何か感じ取って行動に移ってもらえれば幸いです。