Ryota Aihara Official Blog

就職せずに年商3億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

7日経っても何も進化してない人はヤバいかも

7日経っても何も進化してない人はヤバいかも

こんんばんは、相原です。


2021年になって1週間が経ちましたが、
いかがお過ごしでしょうか。


私はここでは詳しくは書きませんが、
昨日までのんびりしていて、
今日から事務所に来て仕事しています。


しかし、1週間以上仕事をしていなかったので、
「そもそも何のタスクがあったんだっけ?」
と正月ボケが抜けきれない有様…


あぁそうだ、広告向けのクリエティブ動画を、
作らないといけないんだったと思い出した頃には、
外は真っ暗で、家に帰る時間でした。


僕は起業して今年で9年目になりますが、
最初の5年くらいの間の年末年始は、
「ずーっと正月休みでいたい」
なんて思っていました。


とにかく新年明けて、
初仕事を迎えるのが嫌で嫌で仕方なくて、
何だかモチベーションの低い、
サラリーマンみたいなことを言っていました。


当時は、発送代行のビジネスが、
売上の過半数を占めていたので、
「発送代行命!」って感じで、
とにかく物流を止めらてなかったんですね。


そうなって来ると、
「年末年始の休暇は最小限にしないと!」
と使命感から、
年末年始は、たったの3日くらいしか、
休まなかったりしていました。


当時を振り返って思うと、
本当に大変だったなと思います。


今は、弊社は発送代行みたいに、
人手が必要なビジネスへの依存から脱却し、
機械に働いてもらうような、
よりシステム寄りのビジネスがメインになってきています。


なので、特に問題が発生しなければ、
年末年始もシステムが休まず働いてくれて、
私は特に何もせずと、ゆっくりと休めるわけです。


と言うわけで、1月5日と言わず、
もう少し休暇を取ってもよいのですが、
私は趣味が仕事な状態になっているので、
こうして仕事始めています。


多分、この仕事がしたくてたまらない感じって、
なかなか辿り着ける人が居ないんですよね。


「好きなことをビジネスに!」って、
良くいろんな人が行っているのですが、
ビジネスにした途端に「好きなこと」が、
「好きじゃなくなってしまう」事が多いです。


なので正直好きなことで稼げるって言うのは、
本当に幸せなことではあるのですが、
そこに辿り着ける人って、
ほんのごく僅かなのかなと思います。


なので、好きなことを仕事にするよりも、
仕事を好きになっていく方が、
圧倒的に早いとは思います。


そして、仕事を好きになるモチベーションとして、
最もわかりやすいのは、
「稼いだ金額」
になりますよね。


2021年は「時代が変わる」とか、
いろんなところで、いろんな人が言っていますが、
結局のところ「稼げる人」であり続ける事が、
綺麗事抜きで必要になるんじゃないかなと思います。