Ryota Aihara Official Blog

就職せずに年商3億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

アンティークコインの大口の取引

アンティークコインの大口の取引

先日、アンティークコインの大口の取引がありまして、
具体的に言うと今回の取引で、
アンティークコインが80万円ほど売れました。



今回購入して下さった方は、
アンティークコインと言うよりは、古銭のコレクターとして、
日本のコインをメインに収集していたそうなのですが、
ここ最近のヨーロッパのコインの値上がりから、
欧米のアンティークコインにも興味をもたれたようです。


コインを購入されたお客様も、
もしかしたらこの文章を読んでいるかもしれませんので、
いくらで仕入れして、利益がいくらなのかという、
具体的な数値はさすがにここでは言えないです。


しかし、私としても普通に一枚一枚コインを販売するのに比べたら、
だいぶお値引きをさせていただきましたので、
お互いかなり良い取引ができたのではないかなと思います。


それでも、実際にビジネスとして取り扱っていくにしても、
アンティークコインって本当に一枚一枚が小さいですし、
スラブというケースに入れられたものであれば、
形が全て一緒ですので、非常に取り扱いはしやすいです。


なので保管するにも場所もとらないですし、
発送する際も、梱包作業も非常に簡単に済みます。


ということで、コインをひとつひとつ販売をしても、
そこまで手間はかからないのです。
とはいえ、大口の取引で一度にコインを購入してくださるのは、
こちらとしても、非常に大きな売上を手間なくあげられるということで、
かなりありがたいです。


この様に、私たちを信頼してくださって、
定期的に購入してくれるお客様を、
いかにして作っていくかというところが、
アンティークコインに限らず、コレクター関連のビジネスにおいては、
継続的に楽に稼いでいく秘訣かなと思います。


と言っても、ビジネスを始めた当初は、
ヤフオクで販売したりとか、プラットフォームを使って販売する。
こう言う形を取るのが普通ですが、徐々に自分自身のお客様をつけていけば、
プラットフォームに依存することなく、物販ビジネスが継続できます。



アンティークコインというのは、
お客様を自分の店のファンにしやすいビジネスなので、
収益の柱として一つ持っておくと良いんじゃ無いかなと思いますよ。