Ryota Aihara Official Blog

就職せずに年商3億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

アンティークコインを誰でも気軽に仕入れできる

アンティークコインを誰でも気軽に仕入れできる

アンティークコインを、
初心者でも、誰でも気軽に仕入れできるのが、
ebayと言うアメリカのオークションサイトです。



eBayから仕入れるにあたって、
少しリサーチをしていくと、
明らかに日本の相場よりも安いコインが、
結構簡単に沢山出てきます。


ちょっと、物販を実践したことがある人なら、
「こんな簡単に価格差が見つかって良いのか?」
と疑心暗鬼になる事でしょう。



もちろん、世の中そんなに甘くはなくて、
よくよく見てみると、
ebayですごく安く仕入れられるコインは、
鑑定がされていないコインが多いです。


鑑定がされていないということは、
スラブと呼ばれるプラスチックのケースに、
入っていないコインです。


つまり、あなたの財布に入っている、
100円玉とか500円玉の様に、
コイン単体で売られている物です。


このスラブに入ってないコインのことを、
「裸コイン」と言ったりするのですが、
よく私たちの生徒さんからも、
「裸コインを仕入れていいのですか?」
という質問を受けることがあります。



しかし基本的には私たちは、
特にeBayから仕入れる際には、
きちんと鑑定がされている、
スラブに入ったコインを仕入れる。
この原則を推奨しています。


またスラブに入ったコインの中でも、
NGCとPCGSという、2大鑑定機関が、
鑑定しているコインのみ取り扱っています。




もちろん私も含めて、
アンティークコインの取引に慣れている方は、
信頼出来る出品者であればま、
裸のコインを購入することもあります。


しかしこの場合、
万が一偽物を購入してしまうリスクは、
どうしても避けられません。



偽物リスクを考えると、
やはり鑑定済みのものを仕入れるのが、
一番安心かな思います。


ちなみに、ここまでのお話しで、
勘の良いあなたなら気づいたかもしれませんが、
同じコインで同じような状態なら、
鑑定済みコインの方が高く売れます。


なので、裸コインを安く仕入れて、
鑑定機関に鑑定に出して、
ケースに入れてもらってから販売すると言う、
比較的上級者向けのテクニックもあります。


この場合、鑑定にかかる時間と、
鑑定費用を計算して、割りに合うコインでないと、
鑑定する手間が損になってしまいます。


この辺りは私もまだ試行錯誤している段階ですが、
ここのノウハウが確立したら、
無限にコインを仕入れできるので、
今頑張っているところです。


いやー、楽しいなぁ!!