Ryota Aihara Official Blog

就職せずに年商3億円の会社を作った工学博士「相原良太」のブログ

ebayでコインを仕入れるなら鑑定済みコインを!

ebayでコインを仕入れるなら鑑定済みコインを!

昨日は、ebayでコインを仕入れるなら、
とにかく鑑定済みコインを仕入れろ!
と言うことで、お伝えしました。


鑑定済みコインと言うのは、
鑑定期間が状態に応じてランクを付けて、
そのランクがスラブと呼ばれるケースに書いてあります。


このコインのランクのことを、
グレードと言いますが、
当然ながら、コインコレクターに人気なのは、
同じコインであったら、グレードの高い物になります。


つまり、コインが未使用に近い状態であるほど、
鑑定期間がつけるコインのグレードは高くなり、
そしてコインの相場も高くなります。


つまり同じコインでも、鑑定結果によって、
コインの相場は大きく異なる訳です。


アンティークコインを仕入れるときは、
鑑定のグレードがなるべく高いものを購入した方が、
将来的な値上がりは見込めます。


何度もお伝えしている通り、
アンティークコインは、
二度と同じものが製造されないので、
状態が良いものは希少価値がつきます。


具体的にどのランクのコインを購入すれば良いのかと言いますと、
基本的にはMSランクというものを購入してください。

MSというのはMint Stateの略で、
簡単に言うと新品同様という意味です。


私がコインを仕入れるときは、
特に1900年前後のコインの場合は、
MSランクの新品未使用のコイン、
もしくはその1つ下のAUと言うランクのコインに、
厳選をして仕入れる事が多いです。


ちなみにAUと言うのは、
Almost Uncirculatedの略で、
「ほぼ未使用」と言う意味になります。


もちろん、コインの発行年代が古くなればなるほど、
グレードの高いコインは希少価値がついて、
相場が爆上がりしていきます。


しかし、1600年代とか古い年代になってきますと、
MSのコインは市場に出回っていなかったり、
もしくはそれ以下のグレードに比べて、
極端に相場が高くなったりしています。


そして、1800年代から1900年代と、
現代に近づくにつれて、
MSランクの新品未使用のコインの、
流通が増えていきます。


例えば1800年代ぐらいのコインであれば、
MSランクのアンティークコインは、
比較的簡単に入手ができます。


なので、将来的な値上がりを期待するのであれば、
そのコインの年代の中でも、予算の許す限り、
なるべくランクが高いものを仕入れた方が良いです。